更新情報

カオサンでダラダラ過ごすだけが外こもりではない ふくちゃん第三話

カオサンで朝から酒を飲んでグダグダしている人たちは沢山います。私は彼らの生き方は好きですし、長い人生の間で国外で何も考えずに過ごす時期があってもいいと思います。

ただ、ゲストハウスでダラダラ過ごし続けることを永久にできるわけではありません。我々は外国人ですので、タイのルールに従わなくてはなりません。

ビザを取得せずにタイに来た場合、30日間(今は陸路の場合15日間)の滞在が許可されていました。この滞在期間が切れる前に出国しなければなりません。

ふくちゃんがタイに外こもりしたきっかけ ふくちゃん第二話

タイ・カオサンロード

バックパッカーの聖地であるカオサン通りから路地を進むと、まさかと思うような場所に中庭が出現します。中庭と言っても日本の美しすぎるような庭園ではなく、あくまでもカオサンにある中庭です。

中庭の周りには5階建てのビルやホテルがぎっしりと並んで建っています。日本ではありえない建物の配置です。窓には泥棒除けの鉄格子がはめられていて、洗濯物が所狭しと干されています。

1年の半分を日本で働き、半分を東南アジアのタイで外こもり

外こもり

一般の人は『外こもり』を知らない方も多くいると思います。海外志向が強い人以外は、あまり注目されない話題です。普通に仕事をしていたら海外旅行に行くことは、1年に1回か2回が限界でしょう。

ましてやアパート住まいで派遣やバイトなら行く資金を作ることすら難しいでしょう。

タイで沈没していた『ふくちゃん』のような生き方もある ふくちゃん第一話

外こもり ふくちゃん

タイで沈没している日本人は多くいますが、沈没具合をテレビで取り上げられて有名になったのは『ふくちゃん』です。カオサンで沈没していたところを、取材されて一部の間で有名になりました。

動画を見るまでは知りませんでしたが、かわいそうな境遇で生まれてしまったが故、苛めにあい、日本で辛い思いをしていました。家族関係も良好とは言えない中、タイに出会ったのはふくちゃんにとって良かったのか…。

どこでどんなふうに生きようとも、それは本人の自由です。他人を傷つけたり、迷惑をかけることをしなければ、自分の人生を好きなように生きればいいと思います。

アジアに惹かれて沈没していく人たち

外こもり

日本女性ではなくフィリピンやタイ、インドなど東南アジア方面の女性に惹かれたり、その国の魅力に取りつかれている日本人の話題を紹介していくブログです。私自身もタイヤフィリピン、インドネシアの女性が好きで、旅行に行くこともありますし、交際していたこともあります。

ただ、東南アジアの女性たちは貧困層が多いため、お金持ちの日本人たちをATMとしか思っていない人もいます。そんな女性たちにほだされて惚れてしまい、人生を狂わせてしまう日本人男性が多くいます。

傍から見ると、なんて馬鹿な日本人たちだと思う人もいますが、私は沈没していった日本人の気持ちが理解できますし、沈没してもまた復活してほしいと心から思っています。