23億円を横領してタイに逃げた坂本芳信をもう一度考えてみる

23億円横領・坂本芳信

以前の記事で24億円を横領してタイに逃げた坂本芳信を紹介しました。巨額横領事件として全国的に有名な事件でした。彼の横領を知っている人は沢山いますが、タイに逃げたことでタイに関係する人の中では大きな関心事になりました。

タイに逃亡した23億・横領男と清原の破産寸前がダブって仕方がない

清原離婚

長野県の厚生年金基金24億円を横領した坂本芳信の記事を以前書きました。彼が横領した資金の殆どが銀座の飲み代や、クラブのホステスに貢がれて消えました。

横領がばれそうになったので、数千万円持って彼はタイに逃亡しました。しかし、数千万円を物価の安いバンコクなのに、1年で使い切ってしまい困窮邦人に陥ってしまいました。

交際していたタイ人女性に通報されて、逮捕され懲役15年の実刑です。小さな小さな着服から巨額資金の横領になりましたが、資金はクラブのホステスとタイのホステスにつぎ込みました。

全財産50円で極貧生活をする日本人が少しずつ増えている

困窮邦人

タイやフィリピン、インドネシアなどにロングステイ、駐在、短期滞在、逃亡している人が毎年じわじわ増えています。今年はタイのビザが厳しくなっていますので、オーバーステイしてしまう日本人が増えるのではないでしょうか。

オーバーステイしてしまうとあらゆることに制限され、タイで食べていくことが難しくなります。働くことはもちろん、帰国も罰金を払わないと出来ない可能性があります。

第12話 全財産を奪った屑の息子に愛を送ろうとする親心

バンコクのスラム

タイに逃亡した息子のお父さんは言います。

「私のせがれはタイで何をやってるんでしょうかね。タイに行けば日本人は外人ですから、ビザとか手続きが必要なんでしょ?あいつのことだから、不法滞在でタイにいるんでしょう。そのうち逮捕されるかもしれませんね」

お父さんはさらに続けます。

「あんなせがれですけど、お金を送ってやることは出来るんですかね?1か月に1,000円~1,500円ぐらいは貯金してるんです。数十万円は送ってやれないけど、5万ぐらいなら何とか送れます」

第11話 タイの大家族主義と日本の超核家族に思う今後の生き方

タイの大家族主義

逃亡した息子の父親に笑顔は全く見られませんでした。南国に暮らすタイ人は陽気な人が多く、貧困層であっても笑顔を見ることが出来ます。しかし、父には笑顔の欠片も見当たりませんでした。

父親は脳梗塞後に孤独な生活をしているため、誰とも話さずに暮らしています。ヘルパーさんが来た時に話すぐらいで、後はずっと一人で自宅から出られません。知らない間にテレビに話しかけてしまうことがあると言うぐらいです。