第三話 人に囲まれながら死ぬか、1人で死んでいくかの選択を迫られている

独居老人

彼女の両親は当然娘の幸せを願って結婚相手を決めます。家庭が貧しい場合、幸せになるための第一条件は、結婚相手の財力や仕事の能力です。次に人柄です。

日本を含む多くの国では年齢差をかなり気にしますが、タイの田舎で暮らす人たちはそれほど気にしません。結婚の優先順位としてはかなり下になります。

第二話 年齢差36歳のカップルがタイでは当たり前の風景

タイで日本人とタイ人の年の差婚

タイのチェンライにベースが出来た彼は、定期的にチェンライを訪れました。資金援助をしている女学生の成長を見るのもとてもの楽しみでした。学生の成長はとても速く、数年ですぐに女性の匂いを漂わせるようになりました。

それと同時に彼女は彼をいろんな場所に案内してくれるようになりました。レストラン、ピクニック、ショッピングなどに一緒に行きました。彼は彼女の誘いにとても戸惑いました。

第一話 65歳の日本人が40歳以上年下の女性と知り合う

タイのチェンライ

日本の高齢者がタイ人のパートナーと知り合う場面は多種多様です。バンコクなどの夜の街で知り合う場合が最も多いですが、知られていないだけで、いろんな場所でパートナーと知り合っています。   ある65歳の高齢日本人は ‥‥

第四話 男女関係に寛容なタイの方が自由な恋愛が楽しめる

タイと日本

タイの結婚相談所から紹介して貰っても、お金ばかりせびられる彼です。彼の自身のない行動や言動に、タイ女性はピンときて、恋よりもお金に走ってしまいます。彼はこうした情勢たちの行動に酷く傷つきました。

お金の無心を感じたら即座に断りました。10回目のお見合いで、ようやく今の奥さんと出会いました。ごく普通のタイの田舎の女性で、顔はまぁまぁ好みでした。

第三話 タイの結婚相談所でも、タイ女性からお金ばかり要求される

生涯未婚率

最近は女性の自立、女性の社会進出が少しできるようになりました。しかし、以前は女性が自立して生きていくだけの経済力を持つのが難しい時代でした。

そこで、女性たちは相手のことが好きかどうかよりも、ある年齢になれば結婚をするものだと思い込んでいました。また社会にもそういった風潮があり、知り合える範囲で結婚相手を探し、妥協も含めて結婚しました。