スポンサードリンク

リタイア組同士の日本人会は頑固者の集まりで収拾がつかない

タイの面白い看板

各国に日本人会がありますが、ロングステイ(リタイア組)が集う日本人会があります。ロングステイの中心は退職した日本人男性がメインです。
 
男同士なら細かいことはさておき、何とかなるものだと思いがちですが、意外にまとまらないのです。なぜなら、リタイアしてロングステイしている人たちは、60歳を超えますので頭の隅々まで頑固が染み渡っているのです。
 
自分の思いや流儀を曲げれないため、ちょっとした意見の食い違いが深刻な対立に発展することがしばしばあります。日本にいる高齢者も頑固ですが、タイや東南アジアで暮らすリタイア組はある意味、頑固で変わり者かも知れません。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

頑固になっていることに気付けない高齢者

 
そもそもリタイアしてからタイや東南アジアで暮らそうと考え、実行に移す人は行動的で、個性的で、悪く言えば頑固な変わり者が多いのです。
 
個人個人で付き合うと面白い人が多く、全く飽きないのですが、集団生活には向いていません。退職してタイに来た人の中には一流企業でそれなりの地位にあったり、会社経営をしていたりします。
 
また、別の人は子会社で細々と生きてきた人もいます。社会では雲泥の差があった地位が、退職することでただの老人になり横並びになるのです。
 
タイのスワット
 
生きてきた環境や過程が全く異なる人が、タイ、東南アジアを共通点に付き合うわけですから、ある意味面白いですが、別の意味で見下げる人がいてもおかしくありません。
 
ひとりの老人になった時、プライドや経歴などを捨てきって付き合うと言うことは難しいのかも知れません。しかし、過去を捨てきることこそが、いろんな人脈を広げ、新しい発見を自分の中にインストールすることが出来ます。
 
自分の考えを曲げる気持ち、人の意見を徹底的に聞ける度量を持ち合わすことは、東南アジアという適当な国々で生きて国は都合がよいと思います。
 
タイに移住したならタイの文化やタイ人を学ぼうとします。リタイアしたならリタイアした人間として、過去にとらわれずにどのように生きていくかをじっくり見つめなおす時間があっていいでしょう。
 
立派な過去であればあるほど捨てきる度量が必要です。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報