スポンサードリンク

カオサンでダラダラ過ごすだけが外こもりではない ふくちゃん第三話

タイ・外こもり

カオサンで朝から酒を飲んでグダグダしている人たちは沢山います。私は彼らの生き方は好きですし、長い人生の間で国外で何も考えずに過ごす時期があってもいいと思います。
 
ただ、ゲストハウスでダラダラ過ごし続けることを永久にできるわけではありません。我々は外国人ですので、タイのルールに従わなくてはなりません。
 
ビザを取得せずにタイに来た場合、30日間(今は陸路の場合15日間)の滞在が許可されていました。この滞在期間が切れる前に出国しなければなりません。
 
いつもクリックありがとうございます。 

人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>


 

 
この出国にはいくらかのお金がかかりますので、多くのバックパッカーやタイに沈没している人たちは、可能な限り近い国に出国してタイに戻ろうと計画します。
 
バンコクからであれば、タイとカンボジアの国境であるアランヤプラテートまで行き、陸路でカンボジアに入国します。
 
cambodia
 
余裕があればカンボジア旅行もするでしょうが、外こもりの人たちに資金の余裕はありませんので、カンボジアからすぐにタイに入国します。そうすれば、1か月間タイに滞在できます。
 
これを繰り返すことで、タイにいつまでもいることが出来ます。
 

タイ政府は金を落とさない外国人を排除したがっている

 
昔は上記のようにしてタイに長期間滞在できましたが、タイ政府は大きく方針転換しています。タイにお金を落とさず、経済や観光収入に貢献しない外国人の長期滞在を許可しません。
 
外こもり事態が次第に難しくなっているのです。
 
ふくちゃんがタイにやってきたころは、今のように外こもり規制がありませんでした。ですから、1か月に1回カンボジアまで行って、帰ってくることを繰り返していたようです。
 
ふくちゃんも御多分に漏れず、1か月に1回カンボジアまで行って、タイに戻ってきたそうです。ただ、それ以外の選択肢が資金面からも考えられなかったようです。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報