スポンサードリンク

困窮邦人はフィリピンだけではなくタイでも確実に増えている

タイで困窮邦人

フィリピンの困窮邦人が日本のテレビ局に取材され「ザ・ノンフィクション 黄昏れてフィリピン ~借金から逃れた脱出老人~」という題名で放送されていました。

タイやフィリピン、カンボジアなど東南アジアに逃げた日本人はたくさんいます。日本で抱えた借金から逃げたり、日本が嫌になってタイで暮らしている方も多くいます。

どういった理由にしろ、海外で住むには収入がなければ日本で暮らす以上に困窮します。紹介する動画はフィリピンの中でも底辺と言われる仕事で働く日本人です。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

タイに住む日本人もフィリピンに住む困窮邦人のようになる

ふたりともかなり厳しい将来を抱えているのは誰の目にも明らかです。マナブさん(56歳)とサダさん(68歳)はふたりとも借金から逃げてフィリピンに住んでいます。

同じようなレベルの二人かも知れませんが、私には大きく異なるように見えます。それは生きようとフィリピンに溶け込んでいるかどうかです。

タイで暮らしている日本人の中に、わざわざタイで暮らしているのにタイ人と接することなく日本人のコミュニティーに属そうとする方がいます。

ローカルに土着しないで、日本人ミュニティに属してしまうとタイに住んでいる意味がないと個人的には思います。生き方は人の自由ですが、コミュニケーション能力や話せる能力があるのと無いのとでは雲泥の差です。

マナブさんには子供も奥さんもいて、仕事仲間や近所付き合いがあります。サダさんの場合はロクに言葉も話せず、コミュニケーションを取れないのでフィリピン人たちに馬鹿にされています。

せっかくの海外を楽しむのであれば、現地の人と接し、現地の文化を感じないとあまりにも勿体無いと私は思ってしまいます。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報