スポンサードリンク

タイ携帯最大手と提携 米マイクロソフト

タイ・バンコク

米マイクロソフト 25日、タイの携帯電話最大手アドバンスト・インフォ・サービス(AIS)とクラウドサービスで提携すると発表した。データセンターを海外からタイ国内に移し、利用料を下げる。

 米マイクロソフトとクラウドサービスで提携するのはタイで初めて。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX25H0T_V20C17A7FFE000/

日産と三菱自、タイで販売金融サービスブランドを立ち上げ

日産自動車と三菱自動車は7月25日、タイで三菱車を購入する顧客向けに、販売金融サービスブランド「ミツ・リーシング」を立ち上げたと発表した。

今回の協業では、日産のタイ販売金融子会社、ニッサンリーシング(タイランド)社が、日産ディーラー向けの既存の金融サービスとは別に、タイの三菱自動車ディーラー向けに「ミツ・リーシング」として卸売および小売の金融サービス・商品の提供を行う。

https://response.jp/article/2017/07/26/297852.html

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

王毅外相「中国とタイは兄弟」

中国の王毅外相は23、24日にタイを訪問し、24日にタイ軍事政権のプラユット首相、ドーン外相と会談した。

 ドーン外相との会談では、「中国とタイは兄弟のようなもの」と述べ、両国の緊密な関係を強調。ドーン外相は「両国間には何の障害もない」と応じた。

 プラユット首相との会談では、タイ軍政が中国の技術を導入してバンコクとタイ東北部の主要都市ナコンラチャシマの間に建設する予定の高速鉄道について、中国政府による支援を確認。将来的に高速鉄道を延伸し、中国雲南省からラオスを経て、バンコク、タイ東部臨海工業地帯に接続する構想についても意見を交換した。王外相はタイ軍政が進めるタイ東部経済回廊(EEC)計画への投資にも関心を示した。

タイ・チェンマイの観光、長期滞在をもっと充実させるグルメ&観光スポット

タイ国政府観光庁は6月15日、タイ北部の都市チェンマイで、同地域での長期滞在を検討している日本人向けに、現地説明会「チェンマイ ロングステイフォーラム」を開催した。本稿では、同庁が実施したプレスツアーの際に訪れた食のスポットをレポートする。

 タイの首都バンコクから飛行機で1時間あまり、周囲を山々に囲まれたタイ北部に位置するチェンマイでは、バンコクとはひと味違う伝統料理が息づいている。例えばトムヤムクンやガパオライス、カオマンガイは、今や日本人の誰もが知っているといえるほどメジャーなタイ料理だが、これらはチェンマイではあまり熱心に食べられていないようだ。

http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/tabirepo/1071422.html

タイの働き方改革「Happy 8」に日本が学ぶべきものとは?

2003年に開発された、タイ政府による「働き方改革」がいま、注目を浴びています。職場での従業員の健康促進やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上を目的として始まったHWP(Happy Workplace Program)がそれです。HはもともとHealthyを意味していましたが、「幸福感」が心身の健康に大きな影響を与えるとして、Happyを使うようになったようです。

https://www.lifehacker.jp/2017/07/35094.html

タイも人手不足深刻!?カシオがタイで関数電卓生産を自動化

カシオ計算機は、8月にタイの生産拠点で関数電卓の自動化ラインを立ち上げる。人手不足と今後の増産に対応する。従来の手組みに比べ1ライン当たりの作業者を約3分の2に減らし、生産速度を1・6倍に上げる。需要動向を見ながら、2019年をめどに現在の生産ライン12本のうち8本を自動化する。タイでは人件費が高騰する傾向にある。今後、手作業の方が低コストだった小型製品の自動化が広がりそうだ。

 カシオは時計事業に次ぐ柱として、数学や語学向け製品の教育事業を育成している。関数電卓は数学向けの主力製品。海外の学校で一般的に使われており、授業や試験にも持ち込める。

https://newswitch.jp/p/9807



バンコクでバス運転手が中国人観光客の乗車を拒否 ネットで議論呼ぶ

2017年7月24日、環球網は、タイ・バンコクで中国人観光客が路線バスに乗車拒否されたと伝えた。

香港メディア・東網の24日付報道によると、タイ人と見られるネットユーザーが22日、フェイスブック上でバンコクで起きた騒動について投稿した。中国人観光客が21日、バンコクのサーナムルアンでバスに乗ろうとしたところ、乗車を拒否された。

英語でバス乗務員に目的地を通るかと尋ねたところ、「通らない」とうそをつかれたという。車内にいた女性客が親切に「通りますよ」と伝えると、乗務員は不満そうな表情で「降ろせ降ろせ。なんでやつらを乗せるんだよ。あんたが乗せたんだから、ちゃんと面倒を見てくれよ」と言い放ったという。

この書き込みはタイのネット上で議論を呼び、タイ国内の観光客の扱いに対して疑問を呈する声が出ているという。また、バンコクの交通運輸事務所など関係当局の介入を呼び掛けるユーザーもいたようだ。

コインを線路に…動画投稿で身柄拘束 タイ

 投稿した動画が原因で身柄を拘束された。18日付のタイの新聞に掲載されたアメリカ人の男。線路上にコインをのせて列車にひかせる動画をYouTubeに投稿した。

 どのコインが丈夫なのか調べたかったとしているが、「脱線したらどうする」などと批判が集中、身柄を拘束された。コインには前の国王の顔がデザインされていたため、「不敬罪にあたる」とも指摘されている。

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報