スポンサードリンク

No.9 タニヤのタイ女性と3回会っただけで結婚したがる中年男性

タニヤプラザ

バンコクの中華街でタニヤの女性たちと楽しく食事が出来るのは、中高年の男性にとって至福のひとときでしょう。小汚いおっさんにでも、タイ女性は優しくしてくれますからタイは天国です。

日本では絶対しませんが、タイでやってしまう恥ずかしい行為の代表が「あ~ん」じゃないでしょうか。親が小さな子供に「あ~ん」と言いながら、ご飯を食べさせるのは見かけます。

介護士が高齢者に対して「あ~ん」と言いながら、食事を介助してくれるのも見かけるでしょう。

食事介助

若い女性が小汚いおっさんに「あ~ん」と食べさせる姿を、流石に日本で見かけません。しかしタイではタイ女性が「あ~ん」としてくれますので、ついつい口を開けて食べさせてもらいます。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイ女性ならすぐに交際できたり、結婚できると勘違いする男が多すぎる

「あ~ん」とタイ女性がしてくれると、「いいよ、恥ずかしいから」と断りますが、タイ女性は「あ~ん」をやめません。男性はタイ女性に押し切られて「あ~ん」をしてもらった風を装いますが、実は嬉しくてたまらないのです。

今の中高年世代は現在のように、法が細かく整備されていませんでした。ブラック企業やパワハラなんか日常で、甘えが許されない社会でしたから「あ~ん」なんてありえません。

男が甘えるなんてことは気持ち悪くて仕方ないはずですが、タイにやって来ると中高年の男たちは甘えます。その甘え方たるや気持ち悪くてたまりませんが、自分も同じようなことをしていますので、自分も気持ち悪い中年なのでしょう。

氷入りのうまいビールと中華料理を食べていると、彼が連れ出したタイ女性は彼の世話を甲斐甲斐しくします。お店の中では彼がタバコを加えると、すぐに火をつけました。

外に出ると、「タバコ臭いよ、体に悪い、やめなさい」と、嫁さんのごとく小言を言います。出会ってからあまり時間はたっていませんが、すでにタイ女性の地が見えはじめ、彼はその地を心地よく感じているように見えました。

「二人ともモテそうだから、沢山の日本人男性に結婚してって言い寄られてるんじゃない?」と質問しました。タニヤの女性に本気で惚れて、結婚前提で交際したり、結婚するような深みまでハマる日本人は沢山います。

そういった日本人男性をタニヤのタイ女性はどう思っているか聞きたかったのです。

「はい、いわれたよ。6人のにほんじんから、けっこんしてといわれた」と話してくれます。6人とも全員お店に来た日本人客です。はじめてお店に来た人が、1ヶ月後にまた来て、3回目の来店時には日本大使館に結婚の手続きをしに行こうという人もいたそうです。

その客は日本から結婚に必要な書類一式を揃えてタニヤにやってきて、タイ女性の意思を無視して結婚の手続きをしようとしたそうです。

「わたし、ほんとにおどろいたよ。その人と一緒にいたのは1日だけ。日本人って1日一緒にいただけで結婚したがるね。結婚って何年か付き合ってからするものじゃないの?」と真顔で私たちに聞きます。

彼女のいうとおりです。数回しか会っていない外国人と結婚するなどありえませんが、日本人男性の一部は結婚できると勘違いします。こうした勘違いをする人の多くは、ストーカーになりやすいです。

「わたしが、あいしているっていった。かれは結婚できると思っただって」と彼女は言います。タニヤには女性に対して免疫が無い男性は多く、ビジネス上の「あしている」に対して本気に捉えてしまうのです。

「あいしていると、好きだと、すぐにけっこんしないとだめ?そんなの変だよね」と彼女は更に付け加えます。彼女がまっとうであり、男性がおかしいのは言うまでもありません。

しかし、こうした勘違いをする男性が一定数存在します。

タイ・バンコク・タニヤ

タニヤのタイ女性の多くは、タイ人の彼がいたり、結婚して離婚していたり、子供がいる女性もいます。このタニヤの現実を話しても耳に入らない男性がいて、彼がいるタイ女性に対して愛が止まりません。

タニヤなどに遊びに来るのは、ひとときを楽しく女性と過ごすためです。もちろん、タニヤのタイ女性と結婚した男性はいますが、数は多くありません。

タニヤの女性が抱える問題はお金です。多くは貧困層のタイ女性ですから、お金を稼ぐためにタニヤで働き、初対面の外国人とでも一緒に過ごします。こうした現実を知ってはいますが、目のあたりにしたいとは思いません。

一時の疑似恋愛を楽しむ場所がタニヤであり、彼女たちが抱える問題を解決するとか、本気で彼女たちと向き合う男性は一旦深呼吸した方がいいでしょう。

中には日本人との結婚を狙っているタイ女性はいますが、ごく少数です。「日本人と結婚した~い、日本人好き」とタイ女性は言いますが、おべんちゃらであって本気ではありません。

そのおべんちゃらを本気に捉えてしまうのは、あまりにも免疫力がなさすぎます。

タニヤで遊ぶ男性たちは、あくまでもタニヤは疑似恋愛を楽しむ場所である理解が必要でしょう。擬似恋愛が本当の恋に発展することはありますが、そうなるにはそれなりの時間がかかります。

恋愛は手間と時間がかかる面倒なものです。それはタイでも日本でもアメリカでも同じであり、タイだけが途中をすっ飛ばせるわけではありません。

日本やタイにいる恋愛ベタな男性に共通しているのは、面倒くさがる点です。女性に対して定期的に連絡を取り、デートをして、段階を踏んで結ばれるのは当り前の行為でしょう。

このあたり前の段階をすっ飛ばしてすぐに結ばれて結婚したがったり、段階を面倒だから嫌だと言います。そんな男に女性が惚れることはありません。仮にイケメンでモテたとしても、すぐに女性から飽きられます。

女性を研究し、女性の気持ちを先読みして行動できる男が、幅広い女性からモテます。この段階を踏めない、モテない男性こそがタニヤの女性にとって儲け口です。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報