スポンサードリンク

No.5 タイ女性と結婚したい方にお勧めなのは強欲なタニヤ女性だ

器が大きいタニヤの女性であっても、客である日本人男性が気持ち悪すぎたり、性格が悪ければ知らない間に拒否されています。タイ女性から拒否されたことを知らずに済む場合がほとんどですから、日本男性からすればありがたい話です。

個人的には自分が好かれていないということをしっかり感じて、自分の外観や性格などに磨きをかけるべきだと思います。多くの人は自分の弱点を把握し、治そうと努力しますが、私の友人のようなタイプは言い訳ばかりです。

自分が拒否されていることを薄々気付いているはずですが、気づかないふりをしてタイ女性に責任をなすりつけます。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本人を知り尽くしている手強いタイ女性は結婚相手に向いている

「俺はもともとあの女性が好みじゃなかったんだ」とか「今日は体調が悪いから、別の日なら一緒に過ごせる」といったことを真に受け、自分を慰める日々です。

タイ女性はあからさまに拒否権を発動しません。女性に対して免疫力がなく、プライドだけは高い残念な日本男性の心を傷つけないように配慮しています。こうしたプライドを傷つけられないシステムに安心感を覚える日本男性が多いのです。

「悪いなあ、本当は他の店も回りたかったんだけど。このタイ女性が俺と過ごしたそうにしているから、今日は勘弁してくれ」と私にメタボな小汚い中年親父が自慢げに話します。

こうした彼の発言に対して、「いやいや、いいよ。モテル男は辛いねぇ」と返すと、満面の笑みを浮かべながら「ホント、困っちゃうんだよな」と答えます。

彼はタイ女性にじわりじわりとお金を吸い取られて、最終的には「騙された」と怒るタイプです。

タイに住んでいる日本人であれば、タイ女性と馬が合わなかったりしても、別の日に別の店に行けば済む話です。彼のように日本からタイにやってきて、少ない日程を過ごす場合は話が違ってきます。

3泊4日のタイ旅行であれば、1発外してしまうとダメージが大きすぎますので、非常に臆病で神経質になりがちです。

お金はあっても時間がない場合は臆病になりますが、時間があってもお金がない場合も臆病になります。「この2,000バーツでタイ女性と楽しい時間を過ごせないと、半年間はお金を使えない」と思いながら夜のバンコクをさまよい歩けば、臆病にならざるを得ません。

彼のようなモテない男とは対象的な知り合いの男性がいます。彼は40代後半で、親の財産がガッツリありながら、商売も上手にこなす男です。高級外車を乗り回し、スポーツジムに通いながら体をしっかり鍛え、おしゃれにも気を使っています。

同じ男でもこれ程違うのかとびっくりするほどです。

モテる中年男性

彼は離婚を経験し、現在は独身生活を謳歌しています。結婚には向いてませんが、中年なのに恋愛には素晴らしい能力を発揮してモテまくっている羨ましい男です。

ネットで知り合った女子大生やOLと付き合ったり、若い看護師を囲ったりして、とても50代手前の男とは思えないほどモテています。

そんなモテまくっている彼ですが、ひょんなことでタイを知り、タイ女性にハマってしまいました。お金と暇がありますから、パスポートにはタイのスタンプがいっぱいです。

羽田や成田では何かの運び屋をやっているのではと疑われ、税関で隅々まで調べられるそうです。

「俺の出身大学はタニヤ大学のタイ語学科だ」というほどタニヤの事情に詳しく、タイに来るとタニヤから徒歩圏のホテルに宿泊しています。

タニヤへ行くにはまだ早い時間に彼と会ったので、居酒屋で一杯やりながらいろいろな話をしました。その話の中で共通の友人でもあるプライドの高いモテない男の話になります。

プライドの高いモテない君は、タニヤ至上主義といえるほどタニヤに通い続けますが、モテる彼はタニヤやテーメーカフェ、ゴーゴーバーやタイの出会い系でタイ女性と知り合っています。

簡単に言えばモテる男ですからどんな環境にいても、女性から好意を得ることが出来るのです。そんなオールラウンダーな彼は「たしかにタニヤのタイ女性と過ごすのはリスクが低いかもしれない。でも長期間付き合うとなると面倒かもしれないね」と興味深い話をします。

タニヤは日本人のみをターゲットにした歓楽街ですから、タニヤで働く女性達は日本人をよく知っています。日本人を気分良く遊ばせる術を心得ていますが、なぜ面倒くさい相手になるのでしょうか。

「彼女たちは日本のことを知りすぎているよ。タニヤで働くタイ女性と仲良くなって付き合いが深くなると、こちらの嘘はすぐにばれるし、日本で俺たちがどういった暮らしをしているのかもわかってしまう。

彼女たちは恋愛にして幻想を抱かないから、リアルな姿で勝負するしかないんだよね。これって面倒だと思うよ。俺なら長く付き合いたい女性は、タイの出会い系アプリとかテーメーカフェとかで探すかな。それもできるだけ過去に日本人と付き合ったことがないタイ女性だね」

男と女の愛は戦いだといいます。戦いは相手の情報をどれだけもつかによって勝敗が左右し、優位に立つことが可能です。タニヤに勤めるタイ女性たちは、あらゆるネットワークを使って日本人の情報を仕入れています。

ときには日本に住むタイ女性からも情報を仕入れていますから、私達日本人は情報戦ですでに負けているのです。

「でも、本気の深い恋愛をするならタニヤのタイ女性かもなぁ~」「はぁ?おいおい、いったいどっちなんだよ」

「本気で惚れて結婚したいと思うんだったら、相手のすべてを知りたいと思うだろ?タニヤの女性は日本人のことを、他のタイ人よりも遥かに詳しく知っているだろ。日本人や日本を知っていたり好きじゃないと、結婚しても長続きしないよ」と離婚経験があるモテ男が話します。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報