スポンサードリンク

No.18 日本男性、タイ女性ともが叶わない夢を求めて徘徊する

勘違い女

固定した給与を誰もが好みますが、テーメーカフェに出会いを求めてやってくるタイ女性は少し違います。テーメーカフェを訪れたことが有る人ならわかると思いますが、男女の比率は7:3で女性が多い場所です。

3割の男性を7割のタイ女性で取り合うような格好です。男性からすれば有り難いかぎりですが、この現象はタイのテーメーカフェだけではありません。

日本で結婚を希望する男女の出会いの場として婚活パーティーがあります。婚活パーティーの他にも婚活アプリや結婚相談所などありますが、男女比が3:7で女性が圧倒的に多いのです。

さらに3割しかいない男性の階層は非常に厳しい状況です。

  • 年収600万円以上の適齢期独身男性は、わずか5.7%。
  • 年収400万円以上でも25.1%。
  • 20〜39歳までの男性の4割が年収200万円未満。
  • 30代未婚男性の正社員率は55%。

男性の多くは中間層以下に位置していますから、3割しかいない男性の内、女性が結婚したいと思う男性は全体の5%にも満たないでしょう。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

現実を見れない男女はタイにも日本にも沢山存在する

日本の婚活市場で素敵な男性と結婚すべく活動している女性の多くが、結婚できずに敗退します。また、収入の低さや奥手などから、婚活市場に登場しない男性の方が圧倒的に多い現状もあり、男女ともに独身が増加しています。

テーメーカフェでもタイ女性達はパートナーを見つけるために笑顔を振りまいていますが、殆どはパートナーを見つけることができずに帰ります。

日本の婚活市場とテーメーカフェを一緒にするのはどうかと思いますが、似ている面がひとつあります。それは女性の勘違いです。

テーメーカフェでパートナーを見つけることが出来るタイ女性は、ごく一部の人間だけです。婚活市場で結婚できる女性もごく一部ですが、それでも通い続けます。

テーメーカフェに通わなくても、普通に働いたほうが安定した給与を得ることができます。婚活市場に参加し続けるよりも、別の方法を考えたほうが出会いは増えるでしょう。

それでも通い続けたり参加し続けるのは、テーメーカフェで言えば日本人に対して過度な期待を持っているからです。タイが経済成長しているとは言え、タイと日本の経済格差はまだまだ大きいため、タイ女性は日本人が大金持ちだと勘違いしています。

確かに旅行客の日本人がバンコクで一晩に使うお金は、軽く3,000バーツを超えるでしょう。日本で言えば1万円ですが、タイの庶民の感覚からすれば、3,000バーツは日本人の5万円を軽く超ます。

タイ人からすれば相当大きなお金をポンと払う日本人は、金持ちと思わざるを得ません。仮に日本人がヨレヨレの小汚い、ハゲ散らかしたデブなオッサンであっても、タイ女性からすれば凄いお金持ちです。

そしてそんなお金持ちと結婚できれば、夢のような日々が待っていると勘違いしています。一緒に日本へ行って、死ぬまでお金の苦労をせずに贅沢な暮らしができ、苦労している家族に送金して幸せになれると思うのです。

こういった夢物語を思い描くタイ女性は、意外に少なくありません。

勘違い女

実際に日本では全くモテない一流企業務めの日本人と結婚して、生活が安定したタイ女性はいます。そういった数少ないタイ女性の成功例が、尾ひれが付いてテーメーカフェで広がることで、タイ女性はテーメーカフェの呪縛に呪われるのです。

日本人男性がタイ女性と知り合える機会は、社内かネット上、若しくは夜のバンコクです。社内でタイ女性との恋愛は厳しいですから、ネット上か夜のバンコクになります。

ネット上となるとタイ語が必修ですから、殆どの日本人は難しいでしょう。そうなるとテーメーカフェのような夜のバンコクがメインになります。

タイ女性たちも外国人と知り合える場所といえば、日本人とほぼ変わりません。英語が話せるタイ女性であれば、裾野は一気に広がりますが、でかい欧米人に対して恐怖感があります。

日本人であれば小柄ですし、金払いもいいのでタイ女性としても扱いやすい相手でしょう。

バンコクに居るタイ人の多くはタイの田舎から出てきた人たちです。田舎の学校を出て、バンコクに住む一般のタイ女性が外国人と知り合える機会はありません。

外国へ行けるチャンスも殆どありませんし、タニヤやゴーゴーバーで働く勇気もありません。週末だけ外国人と知り合える夢を求めてテーメーカフェにやってきます。

テーメーカフェに夢と希望を持たざるをえないほど、貧困から脱出するのは難しいのです。タイ女性にとって5万円を気前良く使う日本人が、実は日本でボロアパートに住み、下手すれば正社員でもない人間だったりします。

多くの日本の中間層が下位層に転げ落ちている現実を、タイ女性が知るよしもありません。週末のテーメーカフェとなれば、男女比は2:8にまで変化します。

数少ない男性の中に、真面目にタイ女性と交際して、それなりの経済力の有る日本人がどれぐらいいるでしょうか。日本人であればわかると思いますが、ほとんど存在しません。

多くはその場限りですし、経済力がある人もあまりいません。

しかし、タイ女性たちはほんの一部の優れた日本人パートナーを見つけるために、必死に笑顔を振りまいています。まさに日本の婚活市場と全く同じ状況です。

日本の男性も勘違いしていて、実際には存在しない純粋で清らかなタイ女性を探し求めてタイの夜をさまよっています。タイの夜を放浪する男女は、似た者同士なのかもしれません。

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報