スポンサードリンク

No.15 不潔そうでキモい系の男は心の広いタイ女性でも避ける

キモい系な勘違い男

会社での出生街道から外れ、上司や同僚、後輩からも馬鹿にされている彼はバンコクの虜になっています。

「僕はあれから長期休暇が取れるたびにバンコクへ来てます。日本にいてもほんとに面白くないですからね」と嬉しそうに汗を拭きながら話す彼です。

インドや中国、中東などで知り合ったバックパッカー同士が、タイのカオサンロードで再び出会うことがあります。かつて日本のバックパッカーの間では、カオサンロードの奇跡とさえ言われていました。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

女性から告白された経験がない男性の殆どはこじらせている

カオサンロードで再会するのは日本人だけではありません。言葉があまり通じない相手であっても、バックパッカーというだけで意気投合しやすいものです。対して会話をしていなくても、カオサンロードでバッタリ出くわすと旧友に会ったような感覚に陥ります。

カオサンロードと同じようにスクンヴィット通りでも、私と彼が出会ったことは不思議なように思いますが、実は必然です。

スクンヴィットの界隈で出会いを求める外国人がうろつくのは、ソイ4のナナプラザからソイ23のソイカウボーイまでの2キロです。

この2キロ圏内にテーメーカフェを含む色々なポイントが存在しますから、否が応でも出会ってしまいます。とくに彼のような男性と出会うのは必然です。タイ女性との出会いを求めるわけですから、出会える場所の付近を長時間に渡ってウロウロします。

彼は踏ん切りが悪いというか優柔不断な男ですから、いつまでたってもタイ女性に声をかけません。パッパと決める人であれば、ものの10分ほどでタイ女性に声をかけて話しはじめます。

日本の合コンや婚活パーティーでも決められないというか、積極性がない男性をよく見かけます。声をかけて話してみないと、相手の女性がどういった人かはわかりません。

女性から男性に声をかけてくることは殆どありません。声をかけてくるのはセミプロの女性か、かなり肉食な女性ですから絶対数が少なすぎます。ましてや残念な外観の男性に声をかけるはずがありません。

彼の場合は、ナナプラザを上からしたまでグルグル回った後、11時過ぎにテーメーカフェへやってきます。しかしテーメーカフェで出会いを求める割には積極性がありません。

テーメーカフェの閉店時間が近づけば、外に出てスクンヴィット通りをうろつきます。来るたびにそんなことをしていますから、彼と出会ってしまうのは必然と言えるでしょう。

ナナプラザでも駄目、テーメーカフェでも駄目、そして夜中のスクンヴィット通りを必死に歩いて、タイ女性との出会いを求める彼です。

「今からどうするの?グレースホテルへ行くの?」「そうですね。ただあそこはあまりよい出会いが見込めないですよね」と話します。よい出会いが見込めないならやめればいいのですが、彼は全く諦めません。

「自分の好みにバッチリハマるタイ女性を見つけるのは難しいでしょ?」「テーメーカフェで好みのタイ女性がいましたけど、声をかけませんでした。今ひとつ決定打に欠けるんですよね」とモテない男の典型的な発言です。

モテナイ男性全てに当てはまるわけではないですが、往々にして理想の高い人が多いです。理想を追求するのは悪くないですが、自分の外観や立場、収入を完全に棚に上げています。

キモい系な勘違い男

彼の場合はすでに中年で、ハゲデブの汗かきという残念な容姿です。彼と恋愛したいという日本女性は、どこを探してもないでしょう。せめて痩せないとどうにもなりません。

他のモテナイ中年男の知り合いも、理想の高い人が多いです。若い頃はモテていたとしても、歳を重ねれば恐ろしいほど外観が劣化しています。この自分の外観の劣化に気づいていません。

気付いていたとしても認めませんから、どうしようもありません。

私も含めてですが、中高年の男でカッコイイと思えるような男性は1%も存在していません。殆どが中年太り、深いシワ、ハゲ、加齢臭などがセットになっています。

自分がモテるなどと勘違いしていると、いつも苦しい思いにやられてしまいます。日本女性やタイ女性に相手にされない現実を受け入れることが出来ず、女性に対してキツく当たったり、嘘の自分を作り上げている男が多すぎです。

彼はまさに典型的な男です。女性に対する免疫がなく、理想ばかりが膨れ上がっていますからどうにもなりません。彼が言うには会社で打ち合わせがある際、若い女性社員からお茶さえも出してもらえないそうです。

こういった悲しい現状がある理由を考えず、相手に対してばかり要望を追求します。追求したところで誰も相手にしませんから、いつまでたってもよい出会いに巡り会えません。

こういった男性が求める女性像は、細くて真面目そうで、従順そうなタイプです。

体型が細くて、真面目そうで誠意ある男性であれば、細くて真面目そうで、従順な女性と出会うことは全く難しくありません。誠意のある男性には誠意のある女性が近づいています。

しかし、デブハゲで不潔そうな男には誰も近づいてきません。

近づいてきたとしても、相当な対価を期待する女性です。いくら対価を払うからと言っても、あまりにも残念そうな男から対価を得たいとは思いません。

残念な男性たちに気づいてほしいと思いますが、彼らにつける薬はなかなか見当たりませんね。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報