スポンサードリンク

No.10 清楚で恥ずかしそうにするタイ女性に心を奪われかけたが…

優しい男

女性と出会うために日本の婚活パーティーや合コン、出会い系のサイトなどで男性たちは頑張っています。日本の女性の手強さやお金かかる点に嫌気がさして、タイのタニヤやテーメーカフェにパートナーを見つけようとする男性が増えました。

婚活パーティや合コン、テーメーカフェなどに共通している点は、女性は非常に手強い相手であり、男性はパートナーを探すために必死だということです。

女性からすれば、必死な男性は自然と言葉や行動に必死さが見えるといいます。女性からすれば、必死になっていない男性の余裕さに魅力を感じやすく、必死な男性の強い押しに引きがちです。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイ女性は自分の目的のために女優を平気で演じる

テーメーカフェで目がパッチリしていて、少し色黒なアジアンテイストなタイ女性と目があいました。彼女の服装は偽物のアニメTシャツにジーンズとスニーカーで、とても地味ながら好感が持てる服装です。

ボン・キュッ・ボンではなく、ロリータ系の女性です。彼女に近寄ってみると私から視線を外すような素振りをします。そんな素振りをされると余計に話しかけたくなるのが男心です。

彼女の顔を覗き込むと恥ずかしそうに顔を赤らめています。「今日はひとりで来たの?」と聞くと、「あっちにいる友達と一緒にはじめてきたの」と話します。

彼女のいうあっちを見てみると、タイ女性が日本人男性と楽しそうに話しています。怖いもの見たさでテーメーカフェに来たのですが、友達は日本人と楽しそうに話し込んでしまい、自分はぽつんと一人ぼっちになってしまったようです。

「あなたはテーメーカフェで一番かわいいね」「ほんとぉ?」という他愛もない会話をしながら、彼女の素性を探りました。日本語は「こんにちは、ありがとう」以外知らず、英語もほとんど離せません。

1ヶ月ほど前に仕事を求めてタイの田舎からバンコクへやってきたようです。日本人と楽しそうに話している彼女の友人のアパートに転がり込み、共同生活をしています。

これまでの話を聞いて、田舎から出てきた純朴なタイ女性かもしれないと思っていました。一緒にボックス席で話すように促すと、恥ずかしそうに着いてきてくれます。

こういった仕草に多くの日本男性は心を打たれるものです。合コンなどで、その場を取り仕切るような活発な日本女性よりも、物静かで恥ずかしそうにしている日本女性は人気があります。

自分が優位に立たせてくれる女性を男性は基本的に好みます。タイ女性の彼女は、まさしく清楚でおしとやかな風に見えました。

コーラをおごるととても喜んでくれました。100バーツもしないコーラに喜んでくれるだけで、私の心は随分踊ります。

「テーメーカフェって男女が出会う場所だけど大丈夫なの?」と聞くと、「友達からだいたいは聞いてるの。日本人はとても優しいから、日本人の彼氏が見つかればと思っているの」と嬉しいことをいってくれます。

さらに「ファランは体が大きいし、すぐに怒るらしいから怖い。でも日本人はとても優しいって友だちが言ってた」と私を食い入る様に見ながら訴えかけてくれます。

タイ・バンコク・タニヤ・ゴーゴーバー

いろんな意見がありますが、日本人は基本的に夜の街で嫌われていません。理由は優しくて金払いがよく、夜もしつこくないからと言われています。

お金をポンと払ってくれて、仕事がさっさと終われる相手だから好まれています。日本人をリスペクトしているのではなく、商売相手としてやりやすい相手だから好かれているのです。

おしとやかそうな彼女が私に対して「あなたはこの近くのホテルに泊まっているの?」と聞かれました。

このセリフはタニヤなどの夜の街で毎回聞かれる言葉なのは、いうまでもありません。

この言葉を発した途端に、私の手をギュッと握り、私にもたれかかってきます。この時点で「あ~なるほどね」と察しが付き、一気に心が冷める感覚に陥りました。

タイの田舎から出てきて1ヶ月の若いタイ女性が、見ず知らずな日本人オッサンの手をにぎることはありえません。もちろん日本でも同じです。ボディータッチがはげしい女性はたまにいますが、殆どの女性はいきなり手を握るなんてことはしません。

おしとやかで純朴そうな外見で、とっかかりはとても恥ずかしそうにしていたタイ女性ですが、すぐに見破りました。そんな様子を別の日本人男性が見ていました。

タイ旅行をしていたり、タイに住んでいると日本人に会うことがあります。とくに話しかけることはありませんが、テーメーカフェという場所で目が合いましたので、なんとなく会話が始まりました。

「ひとりでテーメーカフェに来たのですか?」「はい、昨日バンコクに着きました」と丁寧に彼は答えます。

年齢は25歳でカオサンで半年ほど住んでいた経験がありました。見た目は誰が見てもイケメンな感じで、背も高く、体はしっかりと鍛えられています。どこからどう見ても、女性からモテる感じな好青年です。

そんな好青年な彼がテーメーカフェにいるのがとても不思議でした。カオサンにいればタイ女性をはじめ、いろんな国の女性と知り合うことができます。

彼の容姿であれば1日で彼女ができそうな勢いです。しかし彼から感じるオーラは、イケメンでモテモテな男たちが持っている自信とは異なるものでした。自信が無さげで、どこかしら負け犬感があります。

「テーメーカフェにはよく来るのですか?」「カオサンに住んでいる頃はちょくちょく来ていました」と丁寧に答えてくれます。

体育会系で鍛えられたのか、とても礼儀正しく、年上の男性が部下や後輩にしたくなるような男性です。カオサンで1年ほどぶらついた後に、日本で中途採用の面接を何社か受けたら全部合格しました。

しかも一流企業ばかりに合格していますから、やはり見た目の強さと丁寧な感じは強いです。就職後は働きまくり、有給消化を命じられてバンコクへ遊びに来ていました。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報