スポンサードリンク

No.18 タイのバンコクで日本語が通じる病院と海外旅行保険

サミティヴェート病院・バンコク・タイ

タイでロングステイをしたり、移住して働く場合、日本では起こりえいない事態に陥ることがあります。ですから海外旅行に行く、海外へ移住する場合は医療保険が必修です。

タイでロングステイルする場合、長期間滞在しますから病気になったりけがをする場合があります。保険料は長期滞在すればするほど割高になります。

ロングステイをする際の保険は、タイにどれ位滞在するかによって大きく変わります。まずは短期滞在の90日間とすると、お勧めするのはクレジットカードに付随している海外旅行保険です。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイにロングステイするには海外旅行保険は必修

クレジットカードの殆どに海外旅行保険が付随しています。もし自分が持っているクレジットカードに海外旅行保険がない場合、海外旅行保険が付随したクレジットカードを作成してください。

余談ですが、仕事を引退してロングステイする場合、退職する前にかならずクレジットカードを作っておいてください。定年退職したり早期退職をした後にクレジットカードを作れない場合があります。

クレジットカードによって支払われる保険の額が異なります。ゴールドカードであれば補償が手厚く、年会費が無料のクレジットカードの場合は補償額が低い場合があります。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、自動付帯と利用付帯(旅費支払い)があります。自動付帯はクレジットカードを持っているだけで、海外旅行保険が有効になります。

利用付帯(旅費支払い)はクレジットカードを持っていても、旅行費用を支払っていない場合は海外旅行保険がおりません。

自動付帯の海外旅行保険がついているクレジットカードを持つほうが何かと便利でしょう。

複数のクレジットカードを持っている方が多いと思いますが、死亡や後遺障害の補償に関して、補償額が大きいクレジットカードが適用されます。傷害・疾病治療費、倍書責任、携行品補償の補償に関しては、2枚のクレジットカードの補償額を受け取ることができます。

傷害、疾病治療費はいくらかかるかわからない場合がありますから、複数のクレジットカードで補填できるのは心強いでしょう。

殆どのクレジットカード会社は海外旅行保険の有効期間を90日間に設定しています。タイに初めて長期滞在する場合は、観光ビザによる最長滞在期間90日がお勧めです。

更に3ヶ月間、タイに滞在したい場合は、一度出国しなければなりませんから、その際に日本に戻ってくれば、次の3ヶ月間もクレジットカードの保険を使うことができます。

3ヶ月間を越えてタイに滞在する場合、一度出国しなければなりませんが、日本に帰国せずに隣国のラオスやミャンマーに入国し、タイに戻ってくる場合があると思います。

その際はクレジットカードの保険はリセットされませんので、長期滞在社向けの海外旅行保険に日本で加入しておきます。

海外旅行保険・長期

三井住友海上の保険

クレジットカードの海外旅行保険やロングステイの長期滞在保険に加入すれば、バンコクで医療を受ける際に心配はいりません。

ただ、バンコクで医療を受ける場合に言葉の壁が心配です。幸い、バンコクには沢山の日本人が住んでいますので、日本人スタッフが常駐してる病院があります。

スクンビット周辺の病院には、日本語ができるスタッフがいますし、日本語で看板が出ていますのですぐに見つけることができます。

また、バンコクの大型病院の医療レベルは非常に高く、日本の大学病院とさほど変わらない水準と言えます。病気にならないに越したことはありませんが、いざという時の供えは必要です。

タイへロングステイした当初に病院の場所、病院内、病院の様子を見に行っておくと更に安心です。

バムルンラード病院

バムルンラード・インターナショナルは、タイ国のバンコク中心にあり、 国際的に正式認可を受け, 複数分野を専門としている病院です。

当病院は、1980 年に設立され、現在、ベッド数 554 床および 30 の専門センター. を持つ、東南アジア最大の私立病院です。バムルンラードは、最新式の 診断器具、治療法、および集中治療の設備のすべてを一ヶ所にまとめた医療センターを提供します。

バムルンラード病院・バンコク・タイ

サミティヴェート病院

サミティヴェート病院は、タイにあるバンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズが経営を行う私立グループ病院である。1979年にバンコク・ワッタナー区のトンロー地区 に創設。

最新の医療機器を完備し、東南アジア地区において一流の私立病院です。

サミティヴェート病院・タイ・バンコク

BTSのプロンポン駅が最寄り駅でスクンビット49にあります。沢山の駐在員が利用する病院です。日本児ん専用の窓口があり、電話は24時間対応です。

バンコク病院

サイトはタイ語ですが、日本じん専門のクリニックを併設しています。日本の医学部や歯学部を卒業した医師が対応してくれます。日本語コールセンターがあり24時間対応です。

バンコク病院は、バンコクのフワイクワーン区・ソーイ・スーンウィジャイにある病院。バンコクゼネラル病院とも。バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズのグループ企業である。 1972年2月26日に開業。当時のベット数は100床、看護婦数は30名。

バンコク病院・タイ・バンコク

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報