スポンサードリンク

No.17 タイ・バンコクでのタクシー、ソンテウ、気温、服装

ソンテウ・タイ・バンコク

バンコクの交通機関にはバス、BTS(地下鉄)、BTS(バンコク・スカイトレイン)、ART(エアポートレールリンク)の他に、ソンテウ(小型のトラックのような乗り合いタクシー)、モトサイ(バイクタクシー)があります。

ソンテウ、モトサイはとても安く乗れる便利な乗り物です。ソンテウは大きな通りから入る小さな道(ソイ)のうち、比較的広い道を走っています。

ソンテウは広めの道であれば一日中見かけます。料金は5~7バーツで相当遠方まで連れて行ってくれます。ソンテウに乗る際は開いている座席の好きな所に座り、降りたいときにブザーを鳴らします。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

ソンテウ、モトサイの乗り方を知ってバンコクを堪能しよう

日本のバスを下りるときに押すようなブザーを鳴らすとソンテウが止まってくれます。ソンテウを降りて運転手に料金を払います。

ソンテウンは貸し切ることもでき、ソンテウの路線以外の地域へも行ってくれます。料金はドライバーと交渉ですが、遠くなければ一人あたり数十バーツもあれば行ってくれます。

ソンテウ・バンコク・タイ

モトサイ・バイクタクシーもバンコクを初めとするタイではよく見かけます。単純にバイクの後ろ座性に座って移動します。

バンコクはいつも渋滞していますから、モトサイで行けば10分で到着しますがタクシーやソンテウで行くと40~50分かかるなんてザラです。モトサイは渋滞している車の間をすり抜けながらガンガン走ります。

ただし、モトサイはバイクですし、とても安全とはいい難い運転をしますから頻繁に事故を起こします。タイの場合、日本のようにドライバーが保険に加入していることは殆どありません。

ですから基本的にはモトサイはあまりお勧めできません。それでしたら自分で小さなバイクを買って、自分でバンコクを気をつけながらに運転するほうが賢明でしょう。

モトサイ・バンコク

あとソンテウよりも小さく、モトサイよりも危険度が少なく人気があるのが、トゥクトゥクです。タイの風や風景、匂いを感じながら移動できる乗り物ですが、タクシーよりも料金が高い場合が多々あります。

基本的に価格は交渉ですから、外国人、旅行者、移住者であってもタイに慣れていなければ結構ぼったくられます。

目的地を告げたのにぜんぜん違うお土産店や飲食店に連れて行かれて、高い買い物をさせられることもあります。ドライバーはお店からバックマージンをもらって懐を潤わせます.

トゥクトゥクもバンコクではあまりお勧めしない乗り物です。

トゥクトゥク・タイ

タイ・バンコクでの服装はTシャツ、半パン、サンダル

タイ・バンコクは1年中暖かい気候ですから、基本的に半袖のTシャツ、半パンで過ごすことができます。1ヶ月10万円前後でのロングステイですから、5スターのホテルや高級レストランに出入りすることはありません。

ですからフォーマルな格好をしたり、スーツを着るようなことはありません。出かけると言えば、安食堂、屋台、安いバー、小旅行、ショッピングモールぐらいです。

ですからTシャツ、半パン、サンダルで事足ります。1年中暖かいタイ・バンコクですが、12月~1月は少し気温が下がります。下がると言っても昼間は30度は超えています。夜に23~25度ぐらいに下がりますから、長袖があると重宝します。日本人で長袖を持っていない人はいないでしょう。

バンコク・年気温・降水量

年がら年中暖かいですから、使う洋服はTシャツ、半パン、パンツ、タオルなどです。靴下が必要ないですから洗濯の量も少なく済みます。

日本でしたら洗濯機を使わないことはありませんが、タイではお風呂で手洗いをして部屋干ししておけばすぐに乾きます。移住当初はテンションが上っていますから、日本からいろんな洋服を持ってこようとします。

タイに住み始めるとわかりますが、タイで売っている100バーツのTシャツで十分です。頑張ってお洒落をすることは悪いわけではありませんが、汗はかきますし、排気ガスで汚れますし、暖かさで性格がゆるくなりますから、洋服は清潔感があればなんでも良くなります。

服はヨレヨレになる前にバンコクで買って、使い捨てすればOKです。気を付けたいのは匂いです。暑いですから汗をかきます。汗を放置すれば汗臭くなるのはもちろん、中高年の方は加齢臭も混ざります。

更に酷い方になると口臭も混ざりますから、歩く公害と言われかねません。服は安物でかまいませんが、口臭、体臭に気をつけてください。

ロングステイする前に歯医者にキチンと行って歯の治療、洗浄を行います。そして出来れば音波ブラシをバンコクで買って、出来るだけ清潔にしましょう。

加齢臭は普通の石鹸では対処できません。加齢臭石鹸を日本で買っていってタイ・バンコクで使いましょう。タイ人は匂いに特に敏感ですから、加齢臭と汗が混ざった匂いを醸し出していると嫌われます。

 

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報