スポンサードリンク

夫婦で楽しく海外でロングステイするはずだったのに、嫁が沈没して引きこもった

タイ・カオサン

タイ、マレーシア、フィリピンなどでロングステイをする熟年夫婦は増えていますが、必ずしも楽しいロングステイばかりではないようです。海外旅行好きは女性が多いですが、ロングステイでは意外に男性の方が適応力があります。
 
社会に出て仕事をしてきた男性は、ゴルフ、麻雀、飲み会などいった付き合いから、ロングステイ先に住む日本人とすぐに仲良くなれます。しかし、夫に頼りきりで、対人関係が苦手な女性は現地でとても苦労します。
 
日本で暮らしていれば、高齢になっても地域に溶け込み、行事や集会などに参加してそれなりに楽しくやっていく女性です。男性の方が時間を持て余し、引きこもりがちです。
 
しかし、海外では夫と一緒にロングステイ先に着いていったものの、現地に溶け込めずに落ち込み、外に出なくなってしまい、自宅で沈没してしまう女性が少なくないのです。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>


 

海外での引きこもりは帰国しか選択がなくなる

 
ある日本人夫婦はタイへロングステイのためにやってきましたが、近々日本に戻るようです。理由は奥さんの引きこもりです。タイへ来た当初は日本人会や、いろんな集まりに奥さんは出席していました。
 
しかし、この日本人会や集まりがストレスの原因になりました。タイ語や現地の言葉が話せれば、それなりに付き合いも増えますが、日本語しかできない場合は、日本人との付き合いが濃くなります。
 
人間とは不思議なもので、付き合いが濃くなればなるほど、いろんなストレスを感じます。中には仕切りたがり屋もいますし、根も葉もないことをべらべらと噂する人もいます。狭い日本人社会だけで生活するのは疲れるものなのです。
 
ただでさえ少ない日本人の上、階層などによって更に分かれてしまいます。駐在員、現地採用、年金生活者、富裕層、超富裕層など、いろんな階層があります。駐在員と年金生活者では生活時間も異なりますし、生活レベルも異なります。
 
主婦が引きこもり
 
年金生活者は年金生活者と集い、超富裕層は超富裕層同志で集まるものです。そうなると接する人が限られてしまい、いつも同じようなメンバーと長時間集うことになり、これがストレスになってしまいます。
 
年金生活者の場合は時間を持て余していますので、下手すれば四六時中、一緒に過ごすことになりかねません。一旦関係が壊れたり、下手に上下関係が出来ると、常にひっぱりまわされたり、お金の負担が増えることもあります。
 
カオサンやマニラの沈没組の場合は、安宿に長期間滞在していますが、いざとなればその地を離れたり、宿を変えれば済む話です。カオサンからチェンマイ、プーケット、サムイなど、どこへでも移動できます。
 
沈没組の究極は、バンコクに安いアパートを借りて、1週間分の食料を買い込み、ずっとアパートから出ない強者もいます。人間関係を可能な限り断ち切って生きている人もいます。いろんな生き方があるものだと感心します。
 
年金生活者の場合はコンドミニアムなどを買ったり、賃貸していますので、そうそう引っ越すこともできません。ある意味逃げ場を失っているとも言えます。
 
こう考えますと、夫婦で語学を習い、異文化を面白いと感じれる状態じゃないとロングステイは難しいかも知れませんね。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報