スポンサードリンク

No.11 英語サイトを使ってバンコクでアパートを探すと効率的

No.10 バンコクで安いアパート探すならバーンチャーク駅が狙い目の続きです。バンコクでアパートを探す場合、インターネットで不動産の情報を予め調べたり、現地を歩きながらアパートを探して個人で家主と契約します。

日本の場合は家主と借り主が直接会って契約することがほぼありませんが、バンコクでは不動産会社を通すほうが少ないでしょう。個人で物件を管理する業者(管理人)と契約します。

私達日本人が契約するアパートのレベルは、物件にフロント(管理人室)がある中堅レベル以上のアパートです。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本でしっかり準備すればバンコクでのアパート探しは簡単

こういった物件は、物件を管理する事務所がアパートの中にあります。アパートにセキュリティが立っている場合は、セキュリティに対して空室を聞けばいいですし、立っていない場合はフロントに空室を確認します。

空室があればフロントの人間が部屋を見せてくれます。部屋を見て気に入れば、家賃や保証金などを確認してすぐに契約することができます。

バンコク・アパート契約

http://en.9apartment.com/

上記のサイトは英語ですが、自分が住みたいエリアと予算を入力して検索すれば1万バーツ以下で沢山の物件を見ることができます。

英語やタイ語に抵抗がある方がいると思います。上記のサイトを見て検索もできないレベルや検索結果が全くわからないのであれば、タイへの移住はお勧めしません。

もしあなたが20代、30代であれば、少々言葉ができなくても、バンコクに住んで現地に揉まれれば自然話せるようになります。

しかし60代以降で英語、タイ語が全くわからずに完全に移住してしまうのは非常に危険です。まずは短期滞在を繰り返しながらタイ語教室に通って、語学力を身につけるのが先決でしょう。

ペラペラに話せる必要など無く、簡単な日常会話レベルで十分です。最低限のタイ語が話せないと、タイ人や外国人とコミュニケーションが取れませんから孤独になってしまいます。

物件の話に戻ります。

検索してじっくり見るとわかりますが、1万バーツ以下でかなりグレードの高いアパートが掲載されています。

例えばon nutで検索すると下記のような物件結果が表示されます。

http://en.9apartment.com/search/apartments_by_room_rates.aspx

バンコク・アパート

バンコク・アパート

アパート・バンコク

アバーとの詳細には各具付き、温水シャワー、フロントのサービス、セキュリティ、ケーブルテレビ、ネット接続などが紹介されています。安い地域であれば、シーツ交換も行ってくれるアパートもあります。

こういったサイトである程度物件をリサーチしておいて、現地に行ってからリサーチしたアパートを訪問します。

バンコクで駐在員が住むような3万バーツ以上の家賃のアパートは、不動産業者が紹介してくれます。しかしロングステイをする際の1万バーツ以下の安い物件は、足で稼いで探すしかありません。

のべつ幕無しにバンコクを歩いたところでどうしようもありません。家賃が比較的安い地域をネット上で検索し、英語の物件検索で物件の目星をつけてバンコクを訪れるのが効率的です。

バンコクには安いホテルが沢山あります。agodaなで探したり、ネットの情報を見れば3,000円/泊で快適に泊まれるホテルもあります。ホテルに泊まりながらアパート探しをするのが、移住への第一歩でしょう。

出来れば自分が住もうと思っている地域、若しくは近くのホテルに宿泊し、アパートを探しながら近所をリサーチしてください。

昼間は安全なように感じても、夜になると怖く感じる場所は沢山あります。オンヌットに住むのであれば、オンヌット・買い物、オンヌット・環境、オンヌットアパートなどで検索すると、日本人がブログを書いている場合があります。

いずれにしても日本を旅立つ前に、これでもかと言わんばかりにバンコクを調べ尽くし、そして訪れるととても効率的です。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報