スポンサードリンク

No.5 タイは安全だという神話を信じすぎると大怪我をする

タイの通り

彼がギャングを辞めたきっかけは、彼に子供ができ、育てるために働かなければならなくなったからです。ギャングを抜ける際にリンチなどを想像しますが、リンチはなかったそうです。

友達同士が集まってできたギャングでしたから、抜けたいときに抜ければよかったそうです。ただ、薬に絡んでいるギャングから抜けるのは大変です。ギャングはちくりを恐れていますから、抜けたあとの行動をひどくを警戒します。

彼が所属していたタイのギャングには年上のリーダーがいて、皆で集まって酒を飲んだり、たまに喧嘩をしたりするだけで、マフィア関係とは無関係でした。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイに慣れた頃にタイ人から強烈な暴力を食らう

タイのギャングたちを”ギャング”だとはっきり認識はできません。至って普通の格好をしている若者たちです。ただ、武器を所持していることが多々あります。

ナイフや棒、下手すれば拳銃も持っています。拳銃と言ってもピンきりで、自作のペン型の銃を持っているギャングがいます。

最近のタイのギャングは以前よりも凶悪化しているようです。凶悪化する理由は時代に乗り残されたことに対する苛立ちと絶望です。

これは色んな国にいえますが、経済成長や技術革新によってあらゆることが変化します。スマホ1つ取ってみても、多くの人が殆どの機能を使いこなせていません。

新しいアプリが話題になっても、勉強するのが面倒なので放置します。放置すればそのアプリに関してついていけなくなります。

スマホアプリは一つの例ですが、自分の周りに変化が次々と起こってしまうことで、どうしても取り残されてしまうのです。取り残されると疎外感に苛まされて、疎外感を感じる者同士が集まりギャング化します。

時代に取り残された若者は、有り余るエネルギーを犯罪にぶつけてしまいます。

タイでの出来事は日本に大きく影響のあるものしかニュースになりません。タイでの若者による抗争事件などは、全く報道されませんからタイをとても安全な国だと勘違いしている人がいます。

バンコク・タイ

比較的安全と言った程度で、日本とは比較にならないほどの犯罪率です。犯罪率が高いのは言うまでもありませんが、目立たず、無難にタイで生きていけば、被害に合う可能性は低いでしょう。

タイの夜の街で派手に飲んで大騒ぎしたり、小競り合いをすると怪我をします。またタイ人に対してバカにした態度をすると、それなりの仕打ちを受けることになります。

“日本人は偉い”などと訳の分からないことをいう中高年がいます。たまたま先進国に生まれただけで偉いと思いこんだり、偉そうな態度をしていますから滑稽でしかありません。

日本人がタイで生きていくなら、タイ語を習い、タイの習慣やタイ人をリスペクトしないと痛い目にあいます。

タイで10年間を過ごし、たまたま酒の席で揉めてしまい、タイ人数人に暴行されて大怪我をし日本に帰国せざるを得なくなった人もいます。慣れた頃のちょっとした油断が大きな失敗に繋がります。

タイの抗争事件

タイの若者による抗争事件を少し紹介しましょう。

2011年にバンコクの路上で、職業訓練校生同士で銃撃戦が勃発しました。待ち伏せしていた数十人の学生グループが、対立している学校の学生への発砲がきっかけです。

若い少年が2人死亡し、多くの少年が怪我をしました。

2013年にバンコクでバイクを運転していた警官を転倒させて、警官の顔をこん棒で殴り拳銃や現金を奪い取りました。10代の若者5名による犯行で、何年も前から同じ手口で反抗を繰り返していました。

数年前にラチャダーで高校生にしか見えないタイの女性十数名が、同じ年ぐらいのタイ女性の十数名と大乱闘になりました。数名が一人を押さえつけて、顔を蹴り続けていました。

こういった抗争事件や乱闘事件は日常茶飯事です。日本人の耳に入らないだけで、いつも事件は起こっています。外国人が巻き込まれる事件もありますから油断はできません。

タイは比較的安全ですが、常に警戒心を持ち続けることが楽しく暮らせる秘訣でしょう。

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報