スポンサードリンク

No.5 還暦を超えてタイでタイ女性に惚れることに罪を感じる

タイ・バンコク

タニヤでいい感じに勘違いをする吾郎さんです。タニヤの人気があるタイ女性は、日本人の中高年の扱い方を知っています。トカタも日本人からしっかりとお小遣いを貰うために、色んな経験をしてきました。

トカタは五郎さんを見て「若く見えるね、39歳に見えるね」と言います。若く見えると言われて、お世辞とわかっていても悪い気はしません。

五郎さんの場合、確かに同年代の日本人と比較しても、肌の色つやは無残には衰えていません。丸顔に童顔の影が残っているせいもあるでしょうが、ただ「39歳に見える」は盛りすぎです。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

親子以上の年の差カップルでもタイは受け止めてくれる

五郎さんがタニヤで歌うカラオケは石原裕次郎の曲が十八番です。っというかそれしか実は歌えません。トカタがデュエットをすると言うので、銀座の恋の物語にすると、お人形の恋のものがたりと詩を変えて歌いました。

他の日本人と一緒に歌ったことがトカタにはありました。結構手慣れた歌い方で、ときに裏返る声にも独特の色気がありました。

本当の恋人になれるとは思っていませんが、せめてこうして過ごす間だけでもその気分に浸っていたいと思いました。こんな場面を天国の妻が見たらなんて思うだろうと”ふっ”とよぎることもありました。

五郎さんの妻が亡くなったとき、うつ病になりかけてしまい、後追いで逝ってしまおうかと何度も思ったそうです。

そんな状態からなんとか復活しましたが、子供もいない老後の寂しさを思うと、日本で暮らしていくことに抵抗がありました。いっそ妻との思い出を断ち切って、異国で過ごすほうが第二の人生にふさわしいと思い、まずはタイのツアーに参加しました。

結局、すっかりとタイに嵌ってしまい、そしてトカタに嵌りました。五郎さんの中ではトカタト離れることが想像できないほどトカタを思っていました。

タニヤは時間制ですから、時間が来るとママが「エンチョーしますか?トカタとデートしますか?」と聞いてきます。トカタの顔色をうかがうと、本人は当然店外デートに誘ってくれると思っています。

トカタは五郎さんの腕をしっかりと掴みます。「恋人だから行こうか」と五郎さんが言うと、トカタは目を輝かせました。

タイ・バンコク

トカタの目が輝いたのを見て五郎さんは、この状態をメロメロと言うんだよなと自分で思いました。

一晩を一緒にトカタと過ごした吾郎さんは、腑抜けになるほどトカタに夢中でした。いい年をした爺さんが、40歳ほど年下のタイ女性に本気で惚れてしまったのです。

日本なら知り合いや近所中から白い目で見られますが、五郎さんがいるのはタイです。もちろん多くのタイ人女性は同年代のタイ人男性の恋人が欲しいですし、結婚したいと思っています。

経済発展が著しいタイですが、まだまだタイの男たちの稼ぎは少ないのが現状です。働いているならまだしも、ヒモのようなタイ人男性は沢山います。

ですから、タイ人女性はお金を持っている年の離れた外国人男性との恋人関係や結婚を受け入れます。

五郎さんはこの恩恵に預かっていますが、どこかしら罪の意識がありました。日本にいれば絶対に触れ合うことのできない女性と一緒に過ごすことができました。

トカタの父親よりも下手すれば年齢が上な自分が…と思うと罪を感じてしまいます。洋服の一着や二着ぐらい買わないと、バチが当たるのではないかとさえ思いました。

「俺みたいなオトサンでいいのかい?」「また、それいうの?年はマイペンライでしょ?」

「トカタはいくつ?」「25歳だよ」「若いね」「でも、もうすぐおばさんね。タイの女はすぐに老けるよ。太陽のせいなんだって」とお互いに話します。

一緒に過ごした翌日に五郎さんは、トカタにデートしてくれたお礼を支払おうとしました。トカタは「恋人だからいらない」と受け取りません。

タニヤなどの夜の街に勤めるタイ女性とお客の間で押し問答していますが、タイ女性は日本人の心をよく知っていて、意図的に受け取らない素振りをする場合があります。

控えめな態度をすることで、日本人はさらに弾んでくれる人が多いことを知っているのです。

トカタも受け取ろうとしませんでしたが、五郎さんは強引にトカタのカバンの中に多めのお金をねじ込みました。

五郎さんはトカタがお金の受取を拒否したことに感銘を受けて、ますますトカタに惚れ込んでいきました。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報