スポンサードリンク

No.10 45歳年下のタイ女性と擬似恋愛が出来るのは日本ではあり得ない

ナナプラザ・バンコク

日本で中高年のストーカーが増えていますが、理由の大半は社会からの疎外感や女性から全く相手にされない期間が長すぎて、女性に対して動物的な対応しかできなくなっているからです。

冬次郎さんの場合は70歳を超えてからタイに移住しましたが、幸い日本でストーカー行為など行わずに済みました。

タイに移住してからは日本では味わえない夜の街や出会いを楽しむことができます。年齢差が40歳、50歳のタイ女性と疑似恋愛が出来ることは、老後の張り合いにもなりますし、何よりも若かった頃の心や肌感覚を思い出せます。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

老後を孤独に過ごして死ぬか擬似恋愛をタイで楽しむか

タイ女性と疑似恋愛が出来るカフェに行くと、冬次郎さんのような高齢者に対してでもタイ女性たちは声をかけてくれます。もちろん声をかける理由は金銭的なことが理由ですが、金銭を感じさせない雰囲気や明るさがあります。

40歳、50歳の年の差がある若い人から笑顔で声をかけてもらったり、腕を組んでもらったりする喜びは男であれば誰もが嬉しいはずです。

沢山のタイ女性が冬次郎さんに声をかけたり、微笑みかけてくれる中、ある女性が冬次郎さんの心に刺さりました。そのタイ女性はメックでした。冬次郎さんにタイ女性に求める外観のタイプは特にありません。

好みを定めるほどの恋愛遍歴が荒れば別ですが、日本で浮気をした相手は数えるほどしかいませんし、結婚した妻がタイプだったかというと、それもよくわかりません。

ただ、タイに移住してから可愛いというのでなくても、笑顔の素敵なタイ女性が好みです。笑顔が素敵なタイ女性と仲良くなると、心も体も元気になります。

メックは色白のタイ人で、形の良い集めの唇をすっと横に引くと、白い雌しべを奥に持つ妖艶な花か何かが咲いたようになります。メックの年齢は25歳になったばかりで、スーパーの衣料品売り場に勤めていて、午後8時に閉店になったあとはフリータイムです。

バンコク・アソーク駅

自由になって、時々出会いができるカフェへやってきます。もっとお金が欲しいというのがカフェへやってくる目的ですが、なぜお金がもっと欲しいという理由は冬次郎さんにはわかりませんでした。

「パパ、早いよ」と後ろから声がかかります。冬次郎さんは約束の時間に来ましたが、タイ人のメックは遅れることが当たり前です。メックは冬次郎さんのことをフーとは呼ばずに「パパ」と呼びました。

パパと呼ばれて嫌がるのは40代、50代ですが、60代以降となるとパパと呼ばれることに心地よさを感じています。こういった日本の事情をメックは知っていますので、そこそこの経験者です。

冬次郎さんが「どこに行く?」と聞くと、メックは「パパの部屋でしょ」と言って腕を組んでスタスタと歩き始めます。

カフェに来ているタイ女性はフリーですから、どんな人間かはわかりません。中には泥棒をするタイ女性もいますから注意が必要です。冬次郎さんはメックと会うのはすでに3回目でしたので慣れていました。

前回、自分のアパートにメックを連れて帰った時、台所でつまみを作ってくれたり、洗い物をしてくれました。とても甲斐甲斐しく世話をしてくれたのです。

決して美人ではありませんが、笑うと大きな目が狭まり、八重歯を交えた歯並びがあらわになって、可愛さが増します。胸元にはブッダの小さなペンダントのネックレスが光っています。レースの襟がU字型の紺のワンピース姿です。

メックは「明日は仕事が休みだから、ゆっくり出るね?」と話します。

「ゆっくり出来る」の意味は、その分の費用がかさむという意味です。費用がかさんだとしても40歳以上年下のメックに擬似恋愛をしてもらっているわけですから、無下に断ることができません。

ただ、何度か会って慣れてくると、色んな要求がきつくなる場合があります。この問題を上手く交わすのもタイで上手に生きていく方法の一つです。

メックと初めて会ったときはとても恥ずかしげで、しおらしい態度でした。しかし3度めとなると、自らハグをしてきます。高齢者が何をすれば喜ぶかをすでに知っていて、小出しにしているの感じました。

冬次郎さんが住むマンションは、夜ごとさすらう界隈にほど近い小路をしばらく奥へ行った先にあります。

タクシーを拾ってからは、物の十分とかかりませんでした。途中、高架鉄道のアソーク駅のそばの交差点を超え、少し行ったところで対向車線へUターンすれば小路の入り口で、便利なところに部屋を借りていました。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報