スポンサードリンク

No.6 タイ女性と老後を過ごすために財産を嫁から奪い返す

バンコク・ストリート

冬次郎さんは日本にいた頃に携帯を勧められましたが、「そんなものはもたない、持ちたくない」と頑なでした。そんなことを日本で言っていましたから、息子夫婦には携帯を持っていることを内緒にしていました。

携帯があるにも関わらず、自宅の電話から息子夫婦に連絡したわけですから、バツが悪いのは間違いありませんでした。

他愛もない話を息子夫婦と孫としていると、また携帯に電話がかかってきました。息子の奥さんが「どうぞ、出てください」と声をかけます。彼はバツが悪そうに席を離れて電話に出ました。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

高齢になってから仲が良い老夫婦って皆無?

席を離れながら電話に出ると「パパァ~♡」と声が聞こえます。冬次郎さんは冷や汗をかきながら、「今ちょっと忙しいから後で連絡するよ」と話します。

馴染みのタイ女性が「今日、お店に来てくれない、お願い!9時に来て」と恋人のように話します。「う~ん、わかった、できるだけ行くようにするけど…」と言いながら電話を切りました。

席に戻ると、知り合いの日本人からだと冬次郎さんは言い訳をします。日本酒が飲める居酒屋で知り合った日本人男性と、今夜に店で飲まないかという誘いだったと話しました。

息子の奥さんは、「そうですか、いいですね、お友達が出来て」と話しますが、息子は苦笑いをしています。タイの歓楽街がどういったところからは承知していますから、敢えて息子は黙っていました。

「おじいちゃんは日本酒が好きだもんね」と孫娘が話してくれたことが助け舟になりました。

「そうんだよね。タイは日本料理店が多いからいいね。東京にいるときと殆ど変わらないしね」と苦し紛れに話しました。

実際に冬次郎さんは日本酒が好きなので、日本酒がたくさんおいてある居酒屋で飲むことがあります。ただ日本からの輸入品ですから、当然値段が高くなっています。

それに出荷から日数が経過していますので、同じ銘柄でも日本で飲むよりも味が落ちてしまうそうです。普段は口に合うタイ料理とシンハービールでいいですが、居酒屋に立ち寄ったら、昔から食べ慣れた魚と日本酒です。

バンコク

日本食が好きだというタイ女性と会うと、居酒屋に連れて行くことがよくあります。彼がその時に懇意にしているタイ女性も居酒屋に連れていきました。

時間は夜の8時30分になろうとしていました。出会って2時間が経過していましたから、そろそろお開きにして繁華街に向かいたい一心でした。

冬次郎さん的には息子夫婦と会うのは数ヶ月後で十分だと思っていました。携帯電話の番号を教えろと言うので、やむを得ずに教えました。

携帯があるがために度々呼び出されるのは苦痛ですが、孫娘に「また会おうね」と言われると心が揺れます。孫とは会いたいけれど、息子夫婦に会うのは面倒です。

タイ女性とは毎日でも会いたいけれど、息子夫婦と会うのは面倒なのです。どれだけ勝手なんだと思ってしまいますが、そんなものです。

息子の奥さんが「掃除とか必要でしたら言ってくださいね」と優しく声をかけると「あんたは、ゴルフに精を出してなさい」と返答しました。息子から嫁が駐在員の嫁同士のゴルフに夢中だと聞いていたの嫌味を言いました。

嫌味を言いながら「こっちは毎日19番ホールだけどな」と心のなかでつぶやきました。

お母さんには、毎月、一分の年金だけではなく、半分はお父さんの預金口座へ移してくれるように、お前から言ってくれと息子たちに話しました。

妻は夫が苦労して勤め上げたお陰で頂いている年金を独り占めしようとして、少ししか振り込んでくれないそうです。退職金だけは半分を自分の自由になるお金にしましたが、この調子だと貯金を切り崩すだけでは先が長くありません。

老後の財産は半分ずつにすべきだと息子も言っていますが、強欲な妻は手強くてどうなることやらと冬次郎さんは悩んでいます。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報