スポンサードリンク

人生に疲れた人はタイに触れると一気に再起することがある

http://chinbotsu.asia/

仕事柄、若い世代から高齢者まで話す機会があります。若い世代でブラック企業に勤めてしまい一日中仕事をさせられている人や、リストラに遭ってしまいバイトや安月給の会社に勤めている人、人生に疲れてしまっている人、2chに常に常駐している人などもいます。

かと思えば商社や一流企業でバリバリ働いていたり、起業してとんでもない年収を稼ぎ出している人もいます。同じような大学を卒業していても、中年になる頃にはとても大きな差がついていて悲しい現実を見ます。

タイで沈没してどうしようもない状態の人は、日本で働くことや日本人に疲れてしまったり、日本から逃亡してタイに住んでいます。

タイで沈没するのが素晴らしいとは思いませんが、日本で沈没してお先真っ暗よりもタイでのんびり過ごすのも有りです。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

底辺の人は日本にいても再起は難しいかも知れない

日本での人生に疲れている日本人に対してタイの良さを話すことが有ります。しかし彼らは新しい知識を吸収しようとする力が乏しくなっていて、タイの楽しさに今ひとつ理解を示しません。

自分が置かれている環境から抜け出す気力がなくなっているようにも見えます。現状の自分に満足しているわけでもなく、愚痴ばかりこぼしています。楽しみといえば安酒と食べることぐらいで、他に楽しみがないそうです。

安酒と食べることだけが楽しみですから、ブクブクと太ってしまっています。中でも残念な感じで太ってしまった中年たちには新しい就職先ありません。

何も楽しみがない⇨飲むか食べるしか無い⇨ますます外観が劣化し、加齢臭が満載⇨男性も女性も寄り付かなくなる

こういったスパイラルに陥っている人を見ると、他人事ではないと思うことが有ります。私も相当なおっさんですから、いつ職を失ったり、やけ酒の毎日に陥っていしまうかわかりません。読者の方でもそれは同じではないでしょうか。

日本で沈没な生活をしていると、ますます陰にこもってしまいます。特に中高年の男性は誰からも相手にされなくなりますから、他人と会うことが苦痛になるそうです。

タイ・沈没・落ち込む

私の友人はリーマンショックの際にリストラをされてしまい、再就職が出来ずにアルバイトで暮らしています。アルバイトですから月額20万円ほどの収入です。税金を引かれて年金や保険料を払ってしまうと、残りはそれほど多くありません。

家賃や水道光熱費、食費や雑費、そして酒代ですから、貯金など殆どできないそうです。人生の虚しさや寂しさを酒で紛らわすために、ますます太ってしまい体調は良くないようです。

そんな彼にタイ旅行を誘いました。お金の面はなんとかなったとしても、気力がすでに無くなっていますのでどうにもなりません。タニヤやGOGOバー、タイ料理、お寺や観光地を写真や動画でみせますが全く興味を示しません。

せめてタイ女性にでも興味を持ってくれたらと思いますが、彼の脳内はすでに「俺なんかは相手にしてもらえないから…」です。

彼がサラリーマン時代は一緒に飲みに行ってキャバクラなんかでよく遊びました。仕事も良く出来た男でしたが、リーマンショックには勝てませんでした。

友達ですから見捨てたり連絡を取らないことはありませんが、彼の脳内は全て否定的で人生を投げてしまっています。ですから一緒に飲んでいてもあまり楽しくないのです。

こういった男性がタイに触れて再起した事例が沢山あります。もちろん私の友人が再起するかはわかりませんが、触れてみないとわかりません。

彼といつかタイ旅行をして、タイのいい加減さに触れてもらい再起するきっかけになってくれればと思います。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報