スポンサードリンク

No.1 暴走族の元総長がバンコクを1人で歩けないってどうなの?

小心者・チキン野郎

20歳、30歳も年下のタイ女性や東南アジア女性と恋に落ち、カップルになったり結婚して幸せをつかむ中高年日本人が沢山います。タイ好き、東南アジア好きな人からすれば素直に「おめでとう」といえます。

しかし日本国内における世間の目は異なります。「タイ人、フィリピン人、中国人と結婚したの?カネ目当てだね」と言葉に出していう人もいれば、腹の中で思っている人も沢山います。

タイはかなり発展していますが、まだまだ日本との経済格差は存在します。日本とタイの経済格差が無くなることは当面はないでしょう。経済格差が続く限り、タイヤ東南アジアを知らない日本人は、タイ女性やタイを発展途上と見続けます。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

小心者の癖にでかい口を叩く残念なおじさん

日本と経済格差のある国の女性と結婚すると、殆どはカネ目当てとやゆされますが、悔しいかな間違ってはいません。

中高年になれば日本女性から相手にしてもらえなくなります。日本人男性の未婚率は毎年上がっていて、現段階で2割の人が、将来的には3割の男性が生涯未婚のまま終えます。

未婚率推移

悲しい現実ですが、この現実を打破するためにも中高年は海外に目を向けるべきでしょう。自分が日本ではモテない、日本女性からは相手にしてもらえないと言う現実を受け入れることが先決です。

モテなくても死にません。日本で女性と交流できないのであれば、モテない日本人でも暖かく交流してくれる国の女性と交際し、結婚すればいいのです。結婚しなくても交際だけでも十分でしょう。

モテない若い男性、中年男性、高齢男性の一部に共通して言えることは、勘違い度がハンパではないことです。

私の知り合いに50代の男性がいます。彼はタイと日本を旅行で何度も行き来していますが、タイ語をほとんど話せません。何度も行き来しているのにタイ語が話せないとなると、自ずと交流できる女性は決まってきます。

日本語がわかるタイ女性となると、タニヤ、GOGOバー、マッサージ、日系企業などに勤めている人達です。

日系企業に勤務するタイ女性はそれなりの学歴と学力を持っています。彼女たちはそれなりの相手を探せる立場です。残念ながら日本でモテないと言われる層を相手にすることはありません。

そうなるとタニヤ、GOGOバー、マッサージ店などに勤務するタイ女性に絞られてきます。マッサージ店に勤務するタイ女性の一部は片言の日本語が話せます。

バンコク・タニヤ

しかし、流暢ではありませんから会話にすぐに詰まります。突っ込んだ話は難しいので、必然的にタニヤに勤めているタイ女性になります。

彼はバンコクへ来るたびにタニヤへ通っています。しかも同じ店ばかりです。いろんなお店があるわけですから探索すればいいと思いますが、同じ店にしか通いません。

さらにタイに住んでいるタイ語が話せる現地在住の日本人と絶対に同行します。自分一人で昼間のタイを散策することはありません。コンビニやそこらの食堂にも1人で行くことはありません。

彼は必ずタイ語が話せる私の友人がいる時以外、ホテルから外出しません。「外出しません」というよりも1人で外出できないのです。

タイはフィリピンやインドネシアと比較すると、遥かに治安が良い国です。怪しい路地に入ったり、無茶な行動をしなければ普通に過ごせます。それほど危険ではないタイでも、彼は1人で行動できないほど小心者です。

小心者なのは仕方がありませんが、言動は小心者とは思えないほどでかい口を叩きます。

「俺は昔ワルで相当荒れてた。族の頭をはっていた」などとふかします。暴走族の頭をはっていた人間が、バンコクを1人で歩けないことはあり得ません。バンコクなら日本人女性1人でも歩いています。

タニヤで遊ぶときはタニヤのすぐ近くのホテルに宿泊します。タニヤまで歩いて5分もかからないでしょう。そんな近くのホテルに宿泊しているのに、1人でタニヤまで歩いていけないのです。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報