スポンサードリンク

No.1 日本では除け者の高齢者でもタイでは相手にして貰える

タイ・チェンマイ

タイは今や日本人からすると人気の旅行先でありロングステイ先です。30年ほど前の発展途上国で危険な国という印象はほぼ薄れています。ロングステイ先で人気なのはマレーシアですが、イスラム圏ということもあり、酒、夜の遊び関係に不便を感じると聞くことがあります。

フィリピンは酒や夜の遊びに関して、タイに負けず劣らずのやりたい放題なので、男性陣にとっては有り難い国です。

しかし、治安の悪さがロングステイヤーや女性には辛いものがあります。

タイの在留邦人数

ロングステイ希望国
icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイで横柄な態度をしていると後悔することになる

近年タイは発展してきましたので、物価が上がっています。日本とタイの物価差は一言では言い切れませんが、バンコクの中心部になると日本の地方より高い場合もあります。

ビッグマック指数という物価に関する指標があります。各国のマクドナルドで販売されているビッグマック1個当たりの価格。ビッグマック指数(BMI)は、購買力平価説によって為替相場を推測するための指標となります。

ビッグマック指数

このビッグマック指数を見ると日本とタイはほぼ同じ物価です。ただ、同じ値段を支払っても、日本のほうがクオリティが高いですから、実質はタイのほうが物価が高いとも言えます。

バンコクが突出してい物価が高いですが、バンコクの中心から離れたり郊外や地方に行けば、まだまだタイは物価が安い地域が沢山あります。

東京都心でタイ政府主催によるロングステイの説明会が行われました。参加者は300人超えと盛況だったそうですが、参加者の7割は男性だったそうです。夫婦での参加よりも、単身の高齢男性の参加が多いのです。

タイは旅行先としては女性にも人気がありますが、ロングステイ先としては圧倒的に男性に人気があります。理由は簡単です。

タイは日本で60歳を超えて、一人で暮らす高齢者にとって非常有り難い国ですが、有り難い理由は、地方の物価の安さ、温暖、そして若いタイ人から相手にして貰えるからです。

日本で暮らし続けると、嫌なニュースばかり目にしてしまいます。災害、少子高齢化による年金破綻、老後破産、格差社会など、見ていて気持ちの良い報道がされることはありません。

更に日本社会に違和感、喪失感、絶望感を感じている方もいます。第二の人生を過ごすのに、この国で過ごすのはあまりにも悲しすぎると考えるのです。

タイは表面的には優しいと思える社会であり、ASEAN統合による上り調子の社会です。ですから良く見えてしまうのも無理はありません。ゴルフはやりたい放題ですし、タイ料理、タイの文化など面白いものが沢山あります。

少ない年金や貯金でも、日本よりは随分楽な生活が出来、温暖な気候によって体の調子が良くなることも魅力の一つです。

高齢な日本人が日本に住みながら、若い日本人と交わることは余りありません。あったとしても介護士や看護士であったり、飲み屋である場合が多く、普通の交わりではありません。

タイの場合、我々は外国人ですから狙われもしますが、少し重宝される面もあります。若いタイ人に何かしらの教育を施してもいいでしょうし、きちんと援助すれば若いタイ女性との交際も可能です。

年を取れば取るほど若者は眩しく見えます。その眩しい若者とそれなりの交流ができるタイは、高齢日本人にとって非常に有り難い国です。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報