スポンサードリンク

No.10 日本の下位層に属する中高年がタイの地方でやりたい放題

バンコクに住む日本人詐欺師

海外に移住する日本人の数は国によっては右肩上がりです。特にタイを含む東南アジアは人気の地域です。老後の貯金や年金が少なく、日本で暮らしていくのが苦しい方や、温暖な気候で暮らしたい方など様々です。

下記はタイや米国など在留邦人数の推移です。米国が一番多いですが、前年比の増減ではタイに移住する人が一番増加しています。このデータに出てくる人数は、きちんとビザの手続をとっている人たちです。

この数字以外にオーバーステイ、短期滞在、ビザランなど、いろんな事情でタイに滞在している人もいます。

タイの在留邦人数
icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイで横柄な態度をしていると後悔することになる

通常の手続きを経てビザを取得した人達でも、タイ女性やタイ人、詐欺師の日本人たちに騙されて、お金を失ってしまう在留邦人もいます。タイという外国でお金を失ったり、貧困の生活を強いられれば悪事を働いてしまいがちです。

バンコクやチェンマイには沢山の日本人が住んでいますので、在留邦人向けの雑誌や情報誌があります。情報誌を発行している会社には、ツーリストポリスのボランティアをしている方もいます。

彼らは日本人の素行が良くないと嘆きます。

「日本人絡みのトラブルは毎日のように起きていますよ。タイまでやって来てトラブルを起こす日本人の多さに辟易とすることがあります。中でも一番多いのが、タイ女性とのトラブルです。

夜の街でタイ女性と知り合い、一緒に過ごすときにお金のことで揉めたり、女性に対してぞんざいな態度でタイ女性を怒らせてしまいます」

ボランティアでツーリストポリスを行っている日本人男性に連絡が入ります。タイ人女性と日本人男性とのトラブルでした。

「誰だお前は?このタイ女の男か?なんだ!」と激怒しながら日本人男性が電話の向こうで怒鳴っています。若い日本人観光客で、タイ女性と揉めてしまい、タイ女性がツーリストポリスに助けを求めたようです。

チェンマイやバンコクに住む年金生活者のトラブルも毎日のように起こります。オーバーステイでタイで暮らしていた高齢日本人が、スーパーで万引きをして捕まってしまいました。当然強制送還です。

オーバーステイ

バンコクやチェンマイにはいろんな屋台があります。食事をできるところもあれば、おみやげ、小物、洋服、アクセサリーなど販売しています。

そんな屋台で50代の日本人が屋台の女性に怒鳴っています。

「こんなもの日本の100円ショップで100円で売ってるだろ。高過ぎるだろうが。ボッタクリもいい加減にしろ。俺は日本人だぞ、舐めてんのか…」 怒鳴りながら気の弱いタイ女性に詰め寄っています。

相手が小柄なタイ女性には横柄な態度を取りますが、相手が190cmぐらいの男なら値切ることはもちろん、買うことさえ出来ない情けない日本人が多いです。

小心者に限って弱い立場の女性や子供に対して凄んでみたり、怒鳴って威嚇します。後ろから気合の入ったタイ人が出てくれば、ショボンとしてしまい、捨て台詞を吐きながら逃げます。

情けないですよね。哀れで仕方がありません。

タイの屋台

昔の日本人はお金を持っていて、金払いが良く、ある程度の節度があったと言われています。しかし、最近タイに移住してくる日本人は日本の下位層が多く、礼儀、道徳に欠け、金払いが悪くなっています。

海外に旅行する中国人のマナーにはウンザリしますが、彼らは金を持っています。中国人のマナーに我慢をすれば、お金を手に出来ます。

しかし海外に住む貧困層の日本人の中には、金もない、道徳観・礼儀などもない、ただただ文句ばかり言っている日本人がいます。こういった層がタイには増えていると、長年タイに住む日本人は話します。

タイは物価がドンドン上がり、バンコクに至っては日本の地方に匹敵するような物価です。「1ヶ月10万円で夢のタイ生活」が少しずつ難しくなっています。

日本よりはまだ物価は低いタイですが、いずれバンコクに住むのは苦しくなるでしょう。チェンマイ、チェンライ、バンコク近郊に、日本の下位層が移住してきています。

タイの地方で残念な日本人が怒鳴っている姿を目にするかも知れません。タイ人は傍若無人な日本人を放置しません。

必ずしっぺ返しを食らうでしょう。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報