スポンサードリンク

No.8 チェンマイに住む虚言癖達の末路は哀れでしかない

虚言癖

タイのチェンマイやバンコクでは他にも多くの日本人高齢者が亡くなっています。年金生活者で、チェンマイに3年ほど住んでいた60代の男性でした。男性が死亡したのは日本人高齢者が多く住むサービスアパートメントです。

チェンマイには安くて小綺麗なサービスアパートが沢山ありますので、バックパッカーや資金のない高齢者に持って来いです。

この老人ホーム状態のサービスアパートで、男性が亡くなって記事になりました。記事の内容はアパートの廊下で倒れた後に搬送され、搬送先の病院で亡くなったと報道されました。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

チェンマイやバンコクに住む一部の日本人は詐欺師と屑

このアパートの廊下で倒れ、搬送先の病院で亡くなったという記事だけを見れば、やむを得ない事情です。しかし新聞記事とは異なる事実が、老人ホーム状態のアパートにはありました。

彼は部屋で苦しんでもがきながら部屋を飛び出しました。そして廊下でのたうち回っている所を発見されました。

すぐに日本人医師がいる病院に運ばれましたが、お金がなかったので診療を断られてしまいました。その後、別の病院に搬送されましたが、既に手遅れな状態で亡くなりました。

日本以外の国では、現金やクレジットカードを持っていないと診療が断られてしまいます。日本やごく一部の国だけが、お金がなくても診療を受けられますので、日本のほうが特殊なのです。

チェンマイの病院

亡くなった男性は生前に、日本には沢山資産があって運用に困ってると吹聴していました。チェンマイの日本食レストランを買い取ろうかと思っていると、アパートの住民に宣言してました。

買い取ろうかと言われていたレストランの経営者いわく「そんな話がありましたね。何でも日本にアパートが数棟、株、現金、骨董品など沢山持っていると吹かしていました。

うちのレストランを買う資金を日本に戻って下ろしてくると帰国しました。実は生活費にも困る状態で、日本へ帰国する航空券もバイクを質に入れて工面したほどなんですよ。

過去の自分や日本の自分を知らないからと言って、大口叩く日本人は結構います。資産を持っている人間がチェンマイの安アパートで、ほそぼそと暮らすと思いますか?

誰が見ても嘘ついてるんだとわかりますよ。そんなしょうもない嘘で固めた老人がチェンマイやバンコクには多いですよ」

チェンマイのレストラン経営者は呆れ顔で話しました。日本に資金を取りに行ってくると行って帰国し、チェンマイにこっそりと返ってきました。そして彼は亡くなってしまったのです。

彼の周囲の日本人は彼はエイズにかかっていたと言います。肌に妙な反転ができたり、急に痩せたりして、症状がとても怪しかったのです。彼がエイズかどうかは断定できませんが、貧困層のタイ女性をとっかえひっかえしていましたので、何らかの病気が移ったと噂でした。

虚言癖・チェンマイ

私自身もタイやフィリピンで虚言癖、薄っぺらい詐欺師に会ったことがあります。とにかく調子が良くて大きなことばかり話し、私に投資の誘いをしていました。

「500万円を投資すれば1年後には700万円以上になる」と話していて、投資先を具体的に聞くと口ごもります。プロの詐欺師なら、投資先はもちろん、資料からウェブサイト、会社まで準備しています。

ここまで準備する人間は詐欺をする額もハンパではありませんが…。いずれにしても大口叩く人の多くは、実力のない残念な人です。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報