スポンサードリンク

No.6 チェンマイで体が動かなくなる寸前まで暮らすのが幸せ

チェンマイ・マーケット

チェンマイで暮らす日本人の多くは中高年です。多くは高齢者と言われる世代の男性たちです。炭鉱で働き、台湾に移り、そしてチェンマイにやってきたYさんも、そこそこの年齢です。

歳を重ねれば重ねるほど、誰かに頼りたくなるそうですが、Yさんは昔から一匹狼なので誰かに頼る気持ちはほぼありませんでした。

チェンマイに住む高齢者の中には、タイ人女性に面倒を見てもらっている方もいます。面倒を見てもらうには、当然お手当が必要ですが、日本と比較すれば格段に安く済みます。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイのチェンマイで最後を迎えるか日本で最後を迎えるか

チェンマイでタイ女性に面倒を見てもらうお手当は安く済み、さらに恋人として接してくれます。日本では相手にされない高齢日本人からすれば、願ったり叶ったりのチェンマイです。

Yさんにもステディーなタイ女性の彼女がいました。彼女には娘がいて小学校に上がるため学費などの出費がかさみます。Yさんはお手当を増やして、毎月4,000バーツを渡していました。

毎月のお手当を増やしたからといっても、会う回数を増やすわけではありません。Yさんとタイ女性が会うのは1ヶ月に1回か2回です。

Yさんの彼女は決して美人ではありませんが、ポッチャリとしていて、とても愛嬌がある可愛らしい感じのタイ女性です。Yさんの彼女は毎月必ずYさんに会いにやってきます。

お手当を貰う目的もありますが、既に愛情が芽生えていて、もっと会いたいとYさんに訴えます。しかしYさんはあくまでも1ヶ月に1,2回のベースを崩しません。理由は適度な距離感がお互いの愛を冷めさせないからだそうです。

チェンマイ・マーケット

ある意味クールな考え方ですが、相手のタイ女性や子供のことを思っているのがひしひしと伝わってきます。

「日本人は基本的に甘いよ。タイに居る時は、いつも女や周りのタイ人から狙われていると思わないとね。間違っても”タイ女性が俺に惚れている”と勘違いしてはいけない。

もちろん、愛情が芽生えるのは理解できるし、俺も彼女のことは好きだよ。でも好きだからといって手綱を緩める訳にはいかない。20才、30才差のタイ女性が我々の相手をしてくれるのはお金なんだよ。

お金が第一だということを決して忘れてはいけない。そして、お金を持ってないふりをし続けることも大事なことだよ。俺は体が動かなくなる前に日本に帰る予定だよ。

チェンマイは素晴らしいところだけど、体が動かなくなっても住める場所とは思えない。やはり最後は日本で死にたいからね」

Yさんはこんなふうに話します。いろんな考え方があると思います。日本で最後を迎えるのもいいと思いますし、タイのチェンマイやバンコクで最後を迎えるのもありでしょう。

いずれにしても、体が動かなくなる前に行動を起こさないと手遅れになります。特にタイのチェンマイやバンコクに住んでいる場合、多くの高齢日本人はタイ語を苦手としています。

体が動かなくなり、病院に行っても症状を話すことが出来ません。タイ語力をしっかりつけて最後を迎える準備が必要でしょう。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報