スポンサードリンク

No.4 タイに移住する人の中には訳ありが多いので過去を詮索しない

タイのチェンマイ

タイをはじめとする東南アジアは日本などの先進国から、富裕層のリタイア組を誘致しようとしています。しかし、富裕層とは別に日本の貧困層がタイのチェンマイなどに押し寄せています。

タイ政府の本音は富裕層の誘致ですが、貧困層が紛れ込むためにチェンマイの一部やバンコク・パタヤの一部で、怪しげな日本人や外国人の姿を見かけるようになりました。

リタイア組には退職者ビザを取得して貰わないと、タイ政府としての思惑に合致しません。ビザ無しで滞在する外国人を歓迎する国は、世界中のどこにも存在しません。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

過去の自分を精算してタイにやってくる高齢者たち

ビザの政策が少しずつ規制されていますが、以前のタイはビザに関して寛大でした。ノービザの日本人は、隣国のミャンマーなどへ頻繁に出国してタイに長期滞在していました。

こうしたやり方が難しくなるのは必然です。最近は円高に向かっていますが、民主党から自民党に政権交代した後は強烈な円安でした。

ビザの規制と円安はチェンマイやバンコクに住む貧困層の高齢日本人からすれば、まさに死活問題です。この厳しいタイの現実は日本人に大きな影響を与えました。

ビザを持っていない高齢日本人たちは、かなり日本に戻っています。チェンマイのいろんなアパートから日本人が退去しました。中にはアパートの半分が空室になってしまい、運営に支障をきたしています。

日本に帰る家があったり、アパートを借りることが出来る人は帰国できます。しかし、日本に帰国できない事情を持つ高齢日本人も、チェンマイやバンコクには沢山います。

日本からタイへ逃げてきた人の中には、犯罪者もいますし、借金から逃げている人もいます。会社を意図的に倒産させて、自分だけ現金を手にしたり、暴力団から追われている人もいます。

チェンマイ・チェンライ

普通にチェンマイやバンコクでロングステイしている人からすれば、信じられない理由を多くの人が抱えています。

チェンマイにかろうじて住み続けている人に、日本に帰国してしまった人と連絡を取り合っているかを聞きました。殆どの方が帰国した人に連絡を取っていないようです。

「日本に帰国しても、またチェンマイに戻ってくれば会える。チェンマイに戻ってこれなければ、それまでの縁だよ。下手に連絡を取り合うと、根掘り葉掘り聞くことになるしね…」

チェンマイやバンコク、パタヤに長期滞在する高齢日本人には、いろんな問題を抱えている人がいます。中には詐欺、暴力、運び屋などをやっている場合があります。

タイにまで来て自分の過去を詮索されたくない人が多いので、下手に過去を聞き出すのはご法度です。

バンコクやチェンマイで賢く生きるには、表面上の付き合いを継続するのが賢い方法です。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報