スポンサードリンク

No.1 67歳の高齢者がチェンマイで毎日ナンパをしながら極楽生活

タイ・チェンマイ・不動産

タイのチェンマイで暮らす男性にYさん(67才)がいます。彼はチェンマイで暮らす日本人高齢者の1人です。彼のアパートもご多分に漏れず、日本人高齢者が沢山住んでいます。

部屋の広さは30平方メートルほどで、バス・トイレ、台所、エアコン、家具が設置してありますので、身一つでチェンマイに来ても、すぐにチェンマイ生活をスタート出来ます。

老人の一人暮らしといえば、余り清潔感を思い浮かべませんが、Yさんの部屋は綺麗に掃除してあり、清潔感でいっぱいでした。持ち物がきちんと整理されていて、余分なものは無く、ベッドメイキングまでされていました。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本では見向きもされない高齢者が、タイでは相手にして貰える

Yさんはとても几帳面な男性です。この綺麗な部屋でYさんは、毎朝9時に起床します。ベッドの上で目覚めの体操をして体をほぐした後、散歩がてら近所のローカルマーケットまで歩きます。

歩くと20分ぐらいかかりますから、往復で40分の道のりです。これをほぼ毎日続けるわけですから、結構な運動量です。

ローカルマーケットに着くと、朝食を買います。朝食はいつも揚げパンと牛乳がメインです。部屋に戻り朝食を食べると、暫くはゆっくり過ごします。本格的な行動開始は、昼を過ぎてからが日課です。

本格的な行動と言っても、リタイアしてチェンマイに住んでいますので、特にすることはありません。Yさん独自の日課はタイ女性をナンパすることでした。

60代後半の男性が日本で女性をナンパでもしようものなら、下手すればネットニュースで晒されて大問題になります。しかし、ここはタイのチェンマイです。全てが緩い国であり、穏やかな地域です。

60代後半の日本人がナンパしていても、タイ人達は興味を持ちません。Yさんはスーパーマーケットに行って、勤務時間が終わるタイ人女性に対して、精力的に声をかけます。

タイ・バンコク

『適当に野菜一つ買って話をすれば、それで十分ですよ。日本に住んでいると年寄りに若い日本女性が一緒にいることはあり得ないでしょ。でも、タイではそれが出来るんです。

コツ?コツはひたすらタイ女性をヨイショすることですね。女性は褒められて悪い気はしません。あとは、臆せず、屈せず、ただただトライします』

そう言いながらYさんは豪快に笑います。ナンパがいつも成功するとは限りません。10回ナンパして1~2回成功すれば御の字です。この成功率が低いか高いかですが、非常に高いといえます。

10人に声をかけて1人ナンパできて、良い関係になればこれほど安上がりで、自然な恋愛はありません。日本なら老人が1,000人の若い日本女性に声をかけても、援助のないナンパは成功しないでしょう。

Yさんはナンパでうまくいかない時は、マッサージを受けに行きます。タイのマッサージといえば、説明するまでもないでしょう。もちろん健全なマッサージ店もありますが、表向きなだけが多々あります。

そこでナンパして自宅に呼んで、自宅でマッサージをお願いするそうです。マッサージをしてもらいながら、仲良くなって彼女にしたり、一時的な交際をするのが日課のようです。

こういった話をたのしそうにするYさんです。下世話といえば下世話ですが、彼は普段から若い世代と接していますので、活き活きとしていて、日本に住む高齢者とは随分様子が違います。

彼はタイの退職者ビザを持っていません。退職者ビザ無しで長期滞在を続ける日本人年金生活者には、条件の一つである『国内に80万バーツ以上の預金が有る』をクリアできません。

250万円ほどの預金を高齢になって持っていないのは、あまりにも悲劇ですが、いろんな事情があります。老後破産という言葉があるように、老後に困窮してしまい、どうにもならなくなる日本人は年々増えています。

Yさんの場合は預金の問題ではなく、若い頃に前科がありました。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報