スポンサードリンク

No.3 生真面目で不器用な男はタイ女性に貢ぎ、自ら破滅の道を選ぶ

パタヤ・ウォーキングストリート

恋愛経験のない中年男がタイ女性に優しくされて勘違いしないはずがありません。恋愛経験が少ない男性ほど女性に対して高飛車であったり、理想像が高かったり、要求が強い傾向があります。

外観が良くなくても恋愛経験豊富な男性は女性への免疫力が高いですし、レディーファーストも心がけ、女性に多くを望みません。

むしろ男性から尽くしてあげて、女性が虜になるパターンを見かけます。デリックはモテない中年男でしたから、女性への免疫力が非常に低く、タイ女性にいいように扱われてしまいました。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

モテない男が急にモテるはずが無いのに勘違いしてしまう

お金がほしいと言われ、自分の少ない給与からタイへ送り続けた彼の気持ち…。タイ女性にお金を送金したことがある男性ならわかると思います。「騙されているかもしれない、あの女性に限って、あのタイ女性は俺を愛してくれている…」といろんなことを思い巡らせます。

日本人の多くは貧困に向かっています。その貧困に向かっている少ない給与からタイへ送金したのに、裏切られたとなったらどれほど悲しいでしょう。

切羽詰まったお金と愛を一気に失うことの辛さは、言葉で表現できないほどです。この表現できない辛さをデリックは自分の国で味わってしまったのです。

その味わってしまった苦悩と辛さを、母国で銃を乱射することで晴らそうとしたのは余りにも残念です。全くの無実の人間に対し、デリックは発泡し続け12人の命を奪いました。

そして最後は自らに終止符を打ちました。亡くなった方や残された家族の怒りと悲しみはどこにもぶつけることが出来ません。
パタヤ・ウォーキングストリート もしデリックが愛していたタイ女性がイギリスに渡って、彼と一緒に生活をしていたらどうなっていたことでしょう。もしかしたら、初めて自分を愛してくれた女性ということで、愛情豊かでまじめに生活していたかもしれません。

彼は中年になるまで裕福な生活ではありませんが、イギリスで平凡に暮らしていました。しかしタイのパタヤでタイ女性に執着してしまう不器用さがあり、夜の商売の女性に送金し続けてしまう妙な生真面目さを持っていました。

彼は多くの人の命を奪いましたが、根っからの悪ではなく、純粋すぎる愛情を持った男だったのです。世間では夜の街に出入りして、女性と戯れる男性を白い目で見ます。

デリックが事件を起こした際も、イギリスでは”タイの夜の街で遊ぶ、どうしようもない屑”と報道されていました。

タイの夜の街でいろんな人にいろんな関係を持っていたのなら、クズと言われても仕方がないでしょう。しかしデリックは1人のタイ女性に対して惚れ込み、送金を続けています。
パタヤ・ウォーキングストリート ということは、普通の人たちよりも神経質で、几帳面で、生真面目だった可能性もあります。女性への免疫力が低いのも手伝って、タイ女性に対する理想が高まっていたのでしょう。

タイ女性が持つ柔らかさや優しくて美しい部分が、彼の中で増大し、ホンがやってくるのを楽しみにしていたはずです。

しかし金だけをタカられて、最終的には裏切られてしまいました。自分が愛していたタイ女性が、お金が目的だったとわかってしまったのです。この現実を受け入れることは彼には出来なかったのでしょう。

男が女声に送金し続けるのは、信頼している証です。信頼しているからこそ、少ない給与の中からでも送金するのです。いつか一緒になって、幸せな生活が出来ると信じているからこそ、タイ女性に送金し続けます。

この絶大な信頼を裏切られた時、彼の中の何かが決壊したのでしょう。

自分が女性に対して免疫を持っていない場合、デリックのように妄想と勘違いに支配され、最終的には捨てられてしまいます。こうならないためにも、免疫力を高める必要があるでしょう。

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報