スポンサードリンク

No.2 チェンマイの高齢者はヨレヨレのシャツに半パン・サンダルという貧困スタイル

タイのチェンマイ

チェンマイで生活できる老人は、日本で貧困に陥ってしまいどうにもならなくなっている老人より幸せです。日本人同士の交流や下手すればタイ女性の彼女がいるぐらいです。

タイやフィリピンで老後を送る男性の多くは、女性との関わりを期待しています。タイ女性とかかわらずにチェンマイで過ごす男性は、とても珍しい存在と言えるでしょう。

1ヶ月3万円の予算でチェンマイで暮らす彼は、日本の高校で機械技術を教えていました。その力量を活かしてチェンマイでも、タイの子供たちに機械技術を教えていました。

鼻の下をめいいっぱい伸ばした高齢者ばかりの中で、タイの子供たちに教育を施すような日本人は珍しいでしょう。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイ人が持つ日本人のイメージを覆す、チェンマイに住む貧困日本人たち

彼の一番の楽しみは、自分の教え子が巣立って行き、立派になって訪ねてきてくれることです。生徒たちは彼が好きな果物などを持って訪れます。

そんな教え子と食事をする時は、流石に払わせるわけにはいきません。出費といえば教え子たちとの食事ぐらいと言います。チェンマイで日本食を食べるのは教え子と食事をするときぐらいです。

日本食はチェンマイで食べるのに高いですから、ある意味贅沢品です。普段は現地のタイ人が食べるものを彼も食べています。

チャーハンや麺類で済ませば、1食100円もかかりません。チェンマイは高齢日本人が多く住んでいますので、いろんな誘いが有ります。そんな誘いにも乗らず、静かに、質素に暮らしています。

ただ彼は日本で学校の先生をしていたわけですから、それなりの給与と退職金、共済年金が有ります。1ヶ月に3~4万円という極端な生活をしなくても良いはずです。

タイ・チェンマイ

そんな疑問を持って彼に尋ねると、静かに説き伏せます。「あなたはチェンマイに来て長くないでしょ?チェンマイやバンコクに住む人の中には、いろんな事情があって住んでいる人もいます。

特にチェンマイで安アパートに暮らす高齢者には、何らかの理由があります。ここでのルールは他人の詮索をあれこれしないことです。チェンマイに長く住んでいても、過去を詮索しないのが上手く付き合っていくコツです」

彼にも1ヶ月3~4万円で暮らさざるを得ない理由があるのです。

この安アパートに住む高齢者の洋服は、日本で見かければギョッとするような風貌です。ヨレヨレのシャツに半ズボン、小汚いサンダルと言った具合ですから、チェンマイで見かけても避けてしまうレベルです。

無精髭を生やしていて、ズボンのチャックが開いている人もいます。どこからどう見ても裕福な人達には見えません。

タイや東南アジアの人々からすれば、日本人はお金持ちのイメージが強いです。実際にタイ人からすれば、それなりの資金を持っています。しかしチェンマイやバンコク郊外に暮らしている高齢者達は、タイ人が持つ日本人のイメージとは程遠いものが有ります。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報