スポンサードリンク

日本人が全裸でタイのビーチで酔っ払って大騒ぎ…タイで波紋広がる

タイで日本人が酔っ払い

タイの高級リゾートで日本人が全裸で騒ぎ、波紋が広がっている。 この問題は5日深夜、タイ中部ホアヒンの浜辺で、全裸の集団が円陣を組んで踊ったり歌ったりしたと目撃者がインターネット上に投稿したもの。警察によると、騒いでいたのは社員旅行で来ていた日本人約20人で、酒に酔っていたとみられる。

ホアヒンは国王の保養先としても知られる高級リゾートで、警察は旅行代理店にタイのイメージを損なうと警告、地元メディアも不適切な行為だと批判している。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイ、カジノ合法化で税収3180億円増

イはカジノをめぐる議論が続いている。カジノの合法化に伴い、年間1000億バーツ(約3180億円)以上の税収増が見込めるとの調査報告を首都バンコクにあるランシット大学社会イノベーション・カレッジが明らかにした。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のうち、カジノが合法化されていないのは現在、タイとブルネイだけだ。そのため多くのタイ人がカンボジアなど周辺国のカジノに通っているとされる。

続きはこちら

タイ・路上での物乞いが許可制で原則禁止に

2016年3月8日、タイ軍事政権はこのほど、路上での物乞い行為を禁止する法案を了承した。今後、物乞いをする場合は、役所への届け出と許可が必要となる。

タイ軍事政権は、昨年提出され検討が続けられて来た物乞い行為を禁止する法案を金曜日の閣議で了承した。許可無く物乞いをした場合は逮捕される。また、こうした物乞い行為を他人にやらせた場合も同様に罰せられる。科料については詳しく報道されていない。

続きはこちら

【タイ】破壊され続けるバンコクの屋台街

2016年3月6日、タイは現状軍政の状態で、2006年から続く出口のなかった政情不安が、軍の介入が賛否はあっても、タイ人は納得しているように見える。

ところが、タイ政府はタイの屋台などの集合地帯をどんどん閉鎖している。スクムビット通りのトンローの近くにあったソイ38の屋台街もそうだし、海賊版ゲーム販売で有名だったが、最近はプレミアムのフィギュアやエアガンなどの店舗が多かった中華街のサパンレック市場、日本人の現地採用者が多く住むホワイクワン地区のナイトマーケットなどたくさんある。

続きはこちら

タイで東日本大震災のチャリティーコンサート

東日本大震災の発生からまもなく5年になるのに合わせて、タイの首都バンコクで6日、現地に住む日本人の音楽家などによるチャリティーコンサートが開かれました。
これは、東日本大震災を受けて被災地の人たちを支援したいとして、タイに住む日本人の音楽家が呼びかけて毎年この時期に行っているものです。
コンサートの冒頭、被災地の現状について説明が行われたあと、日本やタイなどの音楽グループ10組が、チャイコフスキーの「花のワルツ」や松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」など19曲を披露しました。
スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報