スポンサードリンク

No.6 定年間際のオジサンをタニヤのタイ女性は快く迎え入れてくれた

タイ・バンコク・夜景・景色

父子家庭で必死に子育てをしてきた男性に、特別な趣味はありません。ただただ必死に仕事と家事をこなしてきただけです。地域の付き合いにも特に参加していません。

ですから子育てが終わってしまうと仕事しか無くなり、何もすることがないのです。定年退職した男性も同じようなことがいえます。

企業戦士として必死に働く毎日です。趣味といえばたまに行くゴルフや晩酌ぐらいのものです。企業で働くという社会的な接点からハズレてしまうと、自分の居場所を一気に無くしてしまいます。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイは心と体を完全に解放させてくれる国

定年退職して残ったものは、退職金といくらかの貯金ぐらいだったという高齢者は沢山います。更には定年と同時に妻から離婚を切り出されてしまい、色んな物を一気に失う人もいます。

こういう境遇の男性は、自分の人生をリセットしてやり直さなければなりません。しかし既に高齢者に突入していますので、日本での居場所を見つけることは至難の業です。

そこで人生をリセットする意味も含めて、海外への移住を選択する方もいます。彼が海外移住をする際、何カ国か候補が上がりました。

初めは言葉が多少わかる英語圏のオーストラリアを考えました。しかしオーストラリアのビザは強烈に高いですし、今では日本よりも物価が高い地域もあるぐらいですから断念します。

マレーシアも考えましたがイスラム圏ですから、お酒が好きなときに好きな様に飲める国ではありません。フィリピンも考えましたが、なにせ治安が悪い国ですから不安です。

彼がタイにやって来たのは50代後半に、学生時代の友人を訪ねたのが最初です。このタイ旅行で彼は大いに羽目をはずしました。

タイ・タニヤ通り

南国という雰囲気が彼を大いに楽しませました。楽しみすぎてパスポート、財布などを盗まれてしまい、友達にいろいろ迷惑をかけてしまうほどでした。友人がいなかったらどうなっていたことでしょうか。

海外で嫌な思いをすると、二度と同じ国に着たくないと思いがちです。しかし彼はタイをとても気に入りました。他人の目を気にせずに居られるバンコクの解放感が堪りません。

そして中高年男性には有り難い、タイ女性たちが年齢という大きな壁を気にせずに接してくれる環境です。もちろん対価は支払いますが、日本のようなビジネス感がそれほどなく、疑似恋愛を楽しめるのです。

自分の心にポッカリと空いた穴を埋めてくれるのは、タイであり、タイ女性に違いないと彼は確信しました。

彼はそれから何度かタイを訪れました。タイを訪れた時にテーメーカフェで、タイ女性と知り合いました。彼女は20代の女性で、以前タニヤに勤務していました。ですから多少の日本語がわかります。

彼は60歳という高齢者です。日本では女性から相手にされない年齢と風貌です。そんな高齢者と対等に付き合ってくれる20代の女性ですから、彼はそれだけで嬉しかったのです。

彼はすぐにタイ女性に対して「一緒に暮らそう」と提案し、タイ女性もすぐにOKという返事をしました。

テーメーカフェに出入りする日本人は相変わらず多いようです。すぐに擬似恋愛が成立しますから、モテナイ男性にとって非常に有り難い場所です。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報