スポンサードリンク

No.2 日本の高齢男性が抱える孤独とタブーを解決できるのはタイ王国

バンコク町並み

日本では離婚や死別、結婚する機会に恵まれなかった独身男性が増えています。特に高齢の独身男性は増加の一途です。

仕事をしているうちは毎日が忙しく気を紛らわせます。しかし定年退職や早期退職で仕事を離れると同時に、たった一人で過ごす時間が一気に増えます。高齢者達は若者中心の社会に居場所がないと感じています。

こうした中で生きる活力や気力を失い、抑うつ状態に落ちってしまう人が少なくありません。仮に趣味があったとしても、独りで死に向かう膨大な時間を趣味だけで埋め合わせすることは不可能です。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本社会で金のない高齢男性が生きれる場所はない

こうした中でこの10年間の50歳から75歳までの自殺者数は女性が3割の増加ですが、男性の増加は10割、すなわち2倍に増えています。いかに男性が孤独と貧困に耐えられないかがわかります。

高齢者にとって生きる活力の源は異性の存在です。男ばかりの飲み会の中に一人女性が加わるだけで、急に活況を呈することがあります。

若年層や中年層で仕事をしているときは、会社の女性との会話もありますし、客先での会話もあります。しかし、定年後の日本社会で一人暮らしとなると、高齢男性が女性と交際できる可能性は皆無に近いです。

普通に日本社会にいる日本女性と、孤独に暮らしている高齢者男性の間には強烈に高く分厚い壁が存在します。目の前にいながら別世界なのです。

日本社会には高齢者の恋愛をタブー視する風潮があります。こういった風潮も高齢男性が女性と出会ったり、恋愛する機会を妨げています。「いい年してみっともない」と高齢者はいつも揶揄されています。

また老後破産と言われるほど、貧困に落ちっている高齢者が増えています。20代、30代といえど、女性と交際するにはお金が必要です。

タイ・タニヤ

高齢になればお金がなければ、誰からも相手にされません。貧困の高齢男性が増えていますので、更に女性と知り合える機会は激減しています。機会が減れば減るほど思いが募るという苛立ちを抱えるのです。

男性は女性よりも承認欲求が強く、特に異性から認められたいという願望があります。この願望は70才、80才になっても衰えず、性欲さえも衰えません。

人間は死ぬまで性という存在とは切れることがないのです。

全国にある老人福祉施設で、平均年齢が80歳の男女5万人にアンケートをとりました。そのうちの95%の男性が”性欲がある”と答えています。

更に社会的な地位や家庭といった枠から外れた人ほど、性欲が強く、そして激しいといいます。こうした高齢者の性は、今のように超高齢社会が顕著になるまでは伏せられてきました。

しかし現代ほど老人が増えた日本では、高齢男性の性に関する問題や事件が続々と発覚し、見過ごすことが出来なくなっています。

資産がある高齢男性は、強くなる自分の衝動をお金を使って解決ができます。しかし多くの高齢男性はお金を自分の性に対して使えるほど裕福ではありません。

この根深く、おおっぴらに出来ない問題を解決してくれるのがタイです。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報