スポンサードリンク

No.2 タイの温暖な気候や緩い感じが好きじゃない日本人もいる

発展し続けるタイのバンコクですが、少し離れるだけで昔と変わらないタイを堪能できる地域が沢山あります。そんなタイを好きな日本人は多いですが、タイを好きになれない日本人もいます。

タイの長所は温暖な気候やタイ人の人柄、文化など多岐にわたりますが、このタイの長所が短所になる場合があります。

一番わかり易いのはタイの気候です。日本の寒さが苦手な人にとって、冬がないタイヤ東南アジアの温暖な気候は有り難いものです。神経痛などが改善する場合もあるぐらいです。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイの長所は短所になってタイを離れるきっかけになる

タイの多くは熱帯に位置します。暖かいぐらいでしたらいいのですが、強烈な暑さにウンザリする時期もあります。タイは雨季、乾季、夏季の3つに分かれていて、強烈に暑いのが夏季です。

3月~5月初めにかけてのバンコクの日中は、強烈な日差しと猛烈な温度の高さです。体感温度は40度を超えます。

暑いのが苦手な人にとって、タイの暑さはまさに拷問でしょう。この温暖な気候に付随して、日本では考えられないことが起こります。バンコクでは少なくなりましたが、道端に捨てられているタバコやゴミが腐って、鼻が曲がりそうになるほどの匂いを発しています。

この匂いから不潔を連想してしまいます。日本と日本人は清潔を好む人種です。世界でもこれほど綺麗な国を見ることはありません。

そんな日本人がタイの不潔な状況に遭遇すると、思わず後ずさりしてしまいます。日本も昔は結構不潔でしたので、少々の菌などは平気でした。しかし今の日本は除菌・清潔大国と言っていいと思います。

タイは温暖ですから、いろんな菌が発生します。このタイなどの熱帯地方に生息するばい菌に日本人は耐性を持っていません。

タイの爬虫類

タイで水を呑んだり屋台でごはんを食べると、お腹を壊してしまいます。また地球上の75%の生き物が生息するのがタイです。タイで生きていくならば、昆虫類、爬虫類と共存しなければなりません。

バンコクという大都会のコンドミニアムで、甘いモノをテーブルの上に放置すると、たちまち蟻の大群に襲われてしまいます。

トカゲや爬虫類系のモノが、部屋の壁や天井に張り付いていることも日常茶飯事です。中には30cmぐらいあるトカゲもいて、爬虫類が苦手な女性たちからすれば発狂しそうな勢いです。

バンコクを少し離れた郊外に行くと蛇も出没します。日本では決して見ることがないサソリに刺された日本人もいます。

数年前に東京で話題になったデング熱ですが、タイでは日常茶飯事です。蚊を媒介にして伝染りますが、タイは常に蚊がいる状態です。デング熱で苦しむ人は跡を絶ちません。

暖かい代わりにいろんな虫、菌、爬虫類なども満載です。こういったタイの事情を十分に知らないと、移住してからうなされることになります。

タイは日本のような除菌・清潔国家ではないのです。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報