スポンサードリンク

第一話 タイという温暖で緩い社会の雰囲気は日本人の癒しになる

バンコク・安アパート

タイを含む東南アジアに魅了される日本人や欧米人は沢山います。生命の宝庫であるタイには、我々の心を癒やす力があります。例えば北海道やロシア、北欧などの地域は気温が低いため、育たない動植物が沢山あります。

しかしタイや東南アジアでは世界中の動植物の種の9割以上が生息しています。この生命力満載で、いろんなことを許容してくれる風土はタイの魅力的なところです。

タイでは人間を含むも動植物は土地や社会に無理に同化させる必要がなく、ありのままの姿で無理をせずに暮らせます。世界屈指の真面目な集団の日本人は、あらゆることに高い精度を求めます。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本の緊張をタイというおおらかな国で緩めて暮らす

高い精度を求めることで、世界のどこに言っても恥ずかしくないクオリティの人間や商品を輸出することが出来ます。このハイクオリティを求める裏返しとして、常に強い緊張を求められるのが日本です。

この強い緊張を求められ続けることは、人間にとって大きなストレスです。特にストレスに対して過剰に反応してしまう場合、日本という国、日本人に対して息苦しく感じてしまいます。

朝から晩まで必死に働き続けても、給与が上がらず、下手すれば30代前半でリストラに遭ってしまう日本です。必死に取り組んだとしても、簡単に剄られてしまうぐらいなら、もっと肩の力を抜いた生活を求める日本人は確実に増えています。

顧客に怒鳴られ、上司に罵倒され、家でも邪魔者扱いされる中年世代は、タイが心の拠り所になることがあります。

バンコクには安いアパートが沢山ありますが、意外に一人暮らしの日本人が多く住んでいます。55歳のM氏はバンコクのアパートに一人で住んでいます。彼は元々設備関係の会社に勤務していました。

住宅やマンションに設置してある設備機器の修理を担当していました。M氏はこの仕事を担当していましたが、体調を崩してしまい仕事をやめました。

バンコク・安アパート

M氏の仕事は会社から渡された設備機器の修理希望リストに対して連絡をし、アポイントを取ります。順番に顧客の家やマンションを修理しながら回っていきます。お客と日時を決めて訪問しますが、約束した時間に自宅にいないお客もいます。

仕方なく別のお客のもとに向かい始めると、携帯電話がなります。指定した時間に必ず自宅にいるように促していても、時間を守らない人はいます。

そんな人に限って「返ってきたんだから今すぐ修理に来てくれ」と怒りながら話します。こうした時、次のお客が待っているので、次回にして欲しい旨を伝えます。すんなり受け入れてくれる人もいますが、ゴネる人も当然います。

M氏は優しく、生真面目な性格なので、お客に強く出られると断ることが出来ません。相手の要望に必死に答えながら、ノルマをこなそうと頑張ってしまいます。

1軒でも時間が遅れたり翌日に回してしまうと、次々としわ寄せがやってきます。このしわ寄せがM氏の心を直撃します。

「ゴネるお客さんって、たいて女性ですよ。しかも20代の若い女性です。社会であまり揉まれていないので、相手の立場に立って物事を考えられないのでしょう。ゴネられた時、女性の嫌な面を見た気が何度もしました」とM氏は話します。

M氏は中年ですが独身です。独身の理由に女性に対する幻滅のような点があるのかもしれません。

また別のパターンとして、設備機器の耐用年数を遥かに超えているのに使っている家庭があります。M氏が「これ以上使用するのは危険ですし、修理してもすぐに壊れてしまいます」と何度も説得します。

しかし「買い換えるお金がないからなんとかして欲しい」とお客は主張します。お客の要望ですから、嫌とはいえません。応急処置が精一杯です。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報