スポンサードリンク

タイにロングステイしていた日本人が殺害された事件の判決

タイにロングステイしていた日本人が殺害された事件の判決

ソムチャイ被告(48)と内縁の妻であるポンチャノック被告(48)はおととし9月、現地で日本語を教えていた島戸義則さん(当時79)を殺害した。

遺体をバラバラにして遺棄したうえで、島戸さんの銀行カードで現金200万円余りを引き出した罪などに問われていました。

タイの刑事裁判所は14日、ソムチャイ被告に終身刑を言い渡しました。ポンチャノック被告には、現金を引き出した罪以外は証拠が不十分だなどとして禁錮20年を言い渡しました。

当時の記事はこちら

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイ女性との年の差婚を喜んでいるとドツボにはまる

タイにロングステイしている日本人は多くいますが、ロングステイするということは高齢者です。夫婦でロングステイする場合はいいのですが、高齢男性が単身でタイに住む場合、女性問題が勃発しやすいです。

日本の高齢者にも多く存在する問題ですが、独り身で女性から縁遠い高齢男性のタチの悪さは目を見張ります。

男性で40歳を超えると相当老けていますので、女性から好かれる人はあまりいません。しかし昔とったキネヅカなのか、自分はまだモテると思い込んでいる中高年には辟易とします。

殺害された方が勘違いした中高年日本人だとは思いませんが、いずれにしても年齢差のある結婚には用心が必要です。

特に高齢者になってからタイでタイ女性と結婚する際、20代や30代のタイ女性と結婚する人は無謀すぎます。女性のお父さんやお母さんよりも、遥か歳上なのに結婚するのは、目的がお金以外にありません。

それを「愛がある、自分に魅力があったから」と言っている中高年を見ると、間違いなく事件に巻き込まれるか、根こそぎやられるだろうなと思います。

30代、40代ならいざしらず、50代、60代、さらに70代で年齢差が20才以上あるタイ女性が結婚するのは、お金か日本に滞在できる結婚ビザです。

そこに愛が全く無いとは言いませんが、ほぼお金なのでお金がなくなれば、愛もなくなるのです。自分が死ぬまで繋ぎ止めれるお金があるなら、愛も途切れないかもしれません。

しかし、数十年に渡って繋ぎ止めれない資金がなければ、その愛は必ず壊れてタイで放り出されてしまいます。

目にすることは少ないですが、タイ女性に放り出されて、ホームレス状態の日本人はバンコクに沢山います。貧困層のタイ人に養ってもらっている人も沢山いるぐらいです。

自分の身の丈に応じた行動や言動が出来なければ、必ず後悔します。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報