スポンサードリンク

第三話 日本に居場所がなければタイや他国で活路を見出せばいい

カオサンロード・タイ

巨大団地に住む高齢者達全員が寂しい老後を送っているわけではありません。ある高齢者はこんな話をします。

「日本の高齢者はみんな年金や生活保護があって幸せですよ。日本以外に生活を保障してくれるのは数少ないでしょ。ありがたい話ですよ。これ以上何か求めるのは贅沢な話です」

巨大団地にたくさんの高齢者が住んでいても、ほとんど交流がないのでさみしい生活を送っている印象です。しかし中には、そうではない層も結構な人数います。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイでも日本でも能動的でなければ独居で寂しい生活になる

「生活は何とかできるわけだから、自分から交流しないとだめですよ。団地だから人と話せる場所はたくさんあります。団地の催し物にカラオケ大会やお花見、クリスマスパーティーなど沢山あります。

そういったところに出席して能動的に動かないと、誰も寄ってきませんよ。自分から動かないで、寂しい、孤独と言っていても解決できません」

こういった意見もあります。タイに移住して日本人とだけ付き合う層がいます。個人的にはタイに移住したのなら、現地のタイ人とフルに付き合って、彼らと交流したい側です。

実際タイに何度も行きますが日本人とはほとんど交流しません。現地のタイ人や華僑と交流をしています。

タイに住む日本人社会と付き合うのは悪いことではありませんが、小さな小さな社会なので狭いのです。誰か気に入らない人がいれば気を使いますし、仲間はずれにされたら目も当てられません。

中にはタイの日本人社会を仕切りたがるような日本人もいますので、意外に面倒です。「あの日本人はどうだ、こうだ…」

交流・タイ

タイまで行ったり住んだりして、わざわざ日本人の噂話やどうでもいい話を聞いても仕方ありません。タイ語やタイの文化、宗教を勉強し、能動的に退陣と接しなければ、狭い日本人社会の中でストレスをためるだけです。

これは日本で老後を過ごすのも同じです。巨大団地に住んでいても、能動的に行動しなければ、誰も相手にしません。

待っていても誰も来てくれません。誰かが何かをしてくれるという発想は、心が寂しいように思えます。仮に体が健康であっても心が寂しければ、日本にいてもタイにいても同じです。

残念ながら日本に住む高齢者の最大公約数は、居場所がないと寂しい思いをしている老人たちです。

日本に居場所がないと思いタイにわたる若い世代は、かなり能動的だと思います。日本以外に自分の居場所を見つけるために、少なくとも行動しているわけです。

他人から見れば無謀とも思えるタイへの移住は、居場所を見つけるための彼らからすれば決死の覚悟だともいえます。

幸いわれわれ日本人には最強のパスポートがあります。どこの国にも好きな時に行くことができます。日本に居場所がないと感じれば、日本のパスポートを使ってタイや他国を訪問するのは素晴らしいことだと思います。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報