スポンサードリンク

No.2 タイで子育てした方が日本よりも大らかな子に育つ

タイの病院

タイでの駐在員生活が落ち着いた頃、彼の奥さんが妊娠しました。彼は奥さんが子供を産む際は、一時的に日本へ帰国するものだと思っていました。しかし奥さんは正反対の意見でした。

奥さんは子供を日本ではなく、バンコクで生みたいと言って聞きません。日本人の感覚からすれば、日本の方が安全な気がします。実際は外国人やセレブなタイ人が利用する病院であれば、日本並みどころか、もっとクオリティーが高くて設備も充実しています。

また、タイの国民性があると思いますが、赤ちゃんに対する周りの目がとても優しいのです。とても子育てがしやすく、日本で生むよりも遥かにタイで生んで育てた方が良いと奥さんの友達から聞いていました。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイの環境は小さな子供にとって成長に欠かせない大らかさがある

日本人が子供に対して邪険にしている訳ではありません。しかしベビーカーを電車に乗せると白い目で見られ、マタニティーマークをつけていると、下手すれば傷つけられることもあります。

公共の場所で赤ちゃんが泣き続ければ、怒鳴られることもしばしばあります。少子化で子供を大事にしなければならないのですが、マナーや礼儀、静粛性を重んじる日本の文化は子供にとって厳しい環境です。

日本と比較すると、タイでは赤ちゃんがどこへ行っても歓迎され、見ず知らずの人が「可愛い、可愛い」と言って寄ってくるぐらいです。

赤ちゃんや小さな子供を連れているお母さんが困っていれば手を差し伸べ、誰かが面倒を見てくれたりします。相手が我々のような外国人でも同じです。

タイの病院

タイは時間の流れが遅いのでのんびりしています。こういった環境で暮らすことで、親は日本で感じるストレスを感じずに済みます。親がストレスを感じていませんので、子供はそれを感じ泣きわめかないのです。

親が極度のストレスを感じていると、赤ちゃんや小さな子供に伝わります。親のストレスが子供に伝わり、過敏になってしまう日本よりも、タイで生み、ある程度の年齢までタイで育てた方が人として大らかになると奥さんは判断しました。

奥さんは子供に取って何が良いかを調べ、しっかりと検討し練り上げました。その考えを聞いた旦那さんが、首を横に触れるはずがありません。

かと言っても初めての出産は不安です。奥さんのお母さんにタイに短期滞在することにして貰いました。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報