スポンサードリンク

第二話 日本で優秀な人間はタイでは失敗してしまうと言う皮肉

タイと日本

日本の会社の中では、部下の失敗を他の部下がいる前で怒ることはよくあります。その部下を叱っている以外の理由があり、他の部下にも意図的に同じ失敗をするなと言っている場合があります。

ですから、人前で叱られることにある程度の免疫力があります。しかし、タイ人は人前で叱られることをとても嫌います。全てがゆっくりしている国民性ですが、プライドの高さは中々のものです。

タイに駐在する日本人がタイ人の仕事ぶりを見て、イライラしていたそうです。事務のタイ人女性は仕事中にスマホをいじったり、パソコンでゲームをしていたりすることがありました。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイに日本のやり方を強引に持ち込んでも失敗する

日本の会社でも仕事中にサボる人は沢山いますが、タイ人の比ではありません。そんなタイ女性が、相変わらず仕事をサボってゲームをしていたので、駐在員はみんなの前で注意しました。

みんなの前で注意されたタイ人女性は、日本人の駐在員を睨みつけ、吐き捨てるように「辞めます」と言って会社を出て行ってしまいました。

引き継ぎも何もせず退職しましたので、社内は若干の混乱に陥ります。この混乱を解決するために、彼は他のタイ人女性の事務員に協力を求めますが、彼女たちは非協力的です。

彼が命令しても聞いているようで聞いていないのです。簡単に言えば、人前で叱責した日本人を、タイ人女性全員が嫌ったのです。

この人前で叱責したのは非常にまずいことです。この叱責はいつまで経っても続き、信頼回復には数か月かかるほどだったそうです。そんな失敗を犯した彼を救ったのは、バンコクの現地採用の日本人J氏でした。

J氏はタイ人との付き合いがとても上手です。タイ人とフレンドリーに付き合い、常に笑顔と挨拶を忘れません。仕事中もタイ人と雑談をしたり、時にはFacebookをしています。

タイで仲間はずれ

同じ日本人としては「どうなってんだこいつは?」と思うかもしれません。日本であれば大目玉を食らいそうな仕事ぶりでしたが、仕事の結果をしっかり残していました。

あれほど仕事をしないと思っていたタイ人が、J氏からの頼み事には進んで応じるのです。急ぎの仕事が入り、サービス残業を強いられるような状況でも、周りのタイ人は率先して手伝ってくれるのです。

タイ人がJ氏に接する態度と駐在員の日本人に接する態度は、全く異なっていました。タイ人は人前で失跡されることを極端に嫌います。

その極端に嫌うことをしてしまったのですから、嫌われて当然なのです。駐在員は現地採用の彼に相談しました。

「タイ人を人前で叱るのは絶対にやってはいけない事なのです。それをあなたはやってしまったのですから、干されるのは当然です。どれだけタイ人が間違ていても、タイ人のプライドを傷つけてはいけないのです。

タイ人を注意するときは二人だけの時です。更に注意すると言っても、叱責するのではなく、やんわりと優しく、そして励ます様なやり方です。注意と言うよりも、頑張ろうぜ!と声をかけるような感じです。

あなたのように優秀な人はすぐに結果を求めようとします。しかし、短期間でタイ人に結果を求めるのは無理です。ある程度、なぁなぁな間柄で、彼らのペースを上手く掴まないと。

日本でやり手の人間ほど、タイでは失敗します。それはタイ人と日本人との間に大きな文化の差があるからです。タイの文化を学ばないと…」

日本人駐在員は現地採用の日本人からとても大きなモノを学びました。この駐在員は、現地採用の日本人の言葉を胸にタイ人と接するようになりました。おかげでようやく彼らと和めるようになったそうです。

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報