スポンサードリンク

第二話 タイで現地化した日本人に仕事を依頼するのは危険

タイ・バンコク

タイにしっかりと馴染んで日系企業で働いている日本人男性は、タイでの生活を楽しんでいました。そんな日本人男性に自動車部品メーカーに勤務するY氏は、タイで現地採用されている彼にデザインの仕事を発注しました。

Y氏は特に心配することなくデザインの出来上がりを待っていましたが、納期が過ぎても連絡がありません。

彼から何の連絡もないので、Y氏はしびれを切らして彼に催促の連絡をします。彼は「あっ、そうでしたね。数日後にはデザインを提出します」と軽々しい返答をしました。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

タイで現地化した日本人との仕事は慎重に

日本で働く日本人でしたら、納期がどれだけ大事かはわかるはずです。同じ日本人でしたので、そういった心配をしていませんでした。しかし、納期が遅れてしまいました。

さらに、彼は納期から1週間ほど遅れてデザインのサンプルを持ってきたのですが、このサンプルを見てY氏は仰天します。

ウェブサイトとパンフレットのデザインを発注していましたが、明らかにどこかのサイトから盗用してきた写真やデザインです。いわゆるパクリです。さらに日本語もおかしい点が何か所もあります。

また、使っているフォントがとても古臭く、打ち合わせの際に指示したものとは異なったものが出来上がってきました。

「いろんなサイトやパンフレットから盗用していますが、数はそれほど多くないので大丈夫です。タイでは当たり前のことですから。フォントに関しては、露店に売っているコピーCDのモノを使いました。正規品は高くて使えません。」

こんな事を平気で彼は言うのです。

タイ・バンコク

個人で運営しているサイトやパンフレットならいざ知らず、ソコソコ大きな会社のウェブサイトとパンフレットに盗用があったり、著作権法違反があっては大問題になります。

こういった感覚が彼には全くなく、まさに彼はタイに馴染み過ぎて現地化してしまったのです。タイに長く住む日本人の中には、時間を守らない、先のことを考えない、全てが適当になるなど現地化していきます。

食事もタイフードのみを受け付けるようになり、日本食を食べたいと思わなくなります。さらに日本に秋や冬に帰国しようものなら、寒すぎて耐えられなくなり、すぐにタイに戻ってきます。

体から頭の中まで完全に南国仕様に変化しているのです。この現地化した日本人が日本に帰国して再び日本人に戻るのは非常に難しいです。

タイ人化した日本人

キチキチした日本から緩いタイにはなじみやすいですが、緩いタイからキチキチした日本に馴染むのはかなり厳しいです。

Y氏は現地化した彼に仕事を発注するのは無理だと思いました。いろいろ話したそうですが、何が問題なのかもわかり合えませんでした。下手すればタイ人よりも遠い存在の人間に見えたそうです。

あんな仕事ぶりで生きていけるのはタイならではだと思ったそうですが、日本で通用するはずもありません。現地化した日本人との仕事のむずかしさをヒシヒシと痛感しました。

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報