スポンサードリンク

第一話 タイで現地採用された日本人は日本に戻りたくないと話す

タイと日本

下り坂が急になっていく日本を見切ったり、日本での居場所が見当たらずに海外で生き抜こうとする日本人は増えています。昔はタイで生活していると聞くと、「なんで?」でしたが、今では珍しくありません。

グローバル化が進み日本と海外との垣根が低くなっていますし、成長国のタイや東南アジアには沢山のチャンスがあります。チャンスもありますが、当然試練もあります。

タイ人の生活、タイの商習慣、タイの文化、法整備が整っていないなどまだまだなタイですが、それでも日本よりは遥かに快適だとタイに住む日本人たちから話を聞きます。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本ではなくタイに活路を見出す日本人達

ある自動車部品メーカーに勤務するY氏は会社からの命令で、バンコクに駐在することになりました。初めての海外赴任でしたので、見るものすべてが新鮮でワクワク生活でした。

その中でも一番驚いたのは、現地採用された日本人の存在でした。いわゆる現採の人達です。タイで現採の日本人は語学力や専門性を兼ね備えた人たちが多いです。

語学が特に達者なので、タイ人と駐在員との調整役と言う橋渡しをすることがよくあります。この職種はタイの日系企業では非常に多く、とても重宝されています。

Y氏の会社にも現採の日本人が数人いました。御多分に漏れずタイ語は流暢で、タイ人とのコミュニケーションも抜群です。駐在からすれば、この現採がいなければ、スムーズに仕事するのが難しいと感じています。

そんな現採の方達を雇用しているデザイン会社に、自社製品のパンフレットやサイト作成を依頼しました。日系の会社ですので、スタッフたちは全て現採の日本人達です。

タイの日系企業

早速打ち合わせをすべく、その会社の担当者と打ち合わせをしました。タイでの仕事ですが、お互い日本人ですから何の問題もなく打ち合わせは進みます。

担当者はタイに移住してすでに10年を経過し、タイ人の奥さんと子供がいます。タイでの夫婦生活はとても楽しいそうです。

タイは日本のようにあらゆることがルール化されていませんので、いろんな意味で緩く、また子供がハーフですから日本ではいじめに遭う可能性がとても高いのもタイで暮らす理由でした。

日本人同士の子供たち、大人たちでも壮絶ないじめがある日本です。日本人とタイ人の子供となれば、虐められるのが目に見えています。

その点、バンコクであれば外国人になれていますし、ハーフの子供も沢山います。ですから、子供たち同士も免疫力が高く、ハーフと言うことではそれほど虐められません。

もちろん、タイの中でも苛めはあります。ただ、日本よりは相当マシであるのと、思い詰めて自害してしまうほどの環境ではありません。タイの緩さが、自害と言う行為を少なからず止めている面もあるのかも知れません。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報