スポンサードリンク

老人漂流社会に多くの日本人は対応しきれていない

漂流社会

日本を含む先進国の多くは高齢化が進んでします。新興国と言われるタイも人口ボーナス期は終了し、高齢化が始まっています。日本の特徴として、独居老人が毎年右肩上がりで増えているため、孤独死する方も増えています。

日本人の平均年収はバブル以降、毎年7~8万円下がっています。非正規雇用の増大が基本的ない要因ですが、この流れは今後も続き、アメリカの様な格差社会に変貌します。

タイを含む東南アジアも強烈な格差社会で、数パーセントの華僑と平民と言うような人口構成が出来上がっています。数億、数十億の資産を軽く持つ華僑たちと、貯金など一切ない多くのタイ国民の差は強烈です。

icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

日本で漂流するかタイで漂流するか…

日本もタイやアメリカのように格差が広がっていて、一部の富裕層と多くの平民のような国になりつつあります。一人暮らしをするのが難しいぐらい給与が低い仕事ばかりです。

ですから、親から独立できず、結婚事態が夢になりつつある層が増えています。下記の動画では、親子が一緒に暮らし、真面目に生きているのに先が見えない様子が描かれています。

こういった状況はアメリカでは十数年前から始まっていることです。家族そろってホームレスだったり、シェルターや車の中で生活せざるを得ないアメリカ国民がドンドン増えています。

現役世代の方は早めの対処を、高齢者の方々は今すぐに財布のひもをきつく締めるか、何らかの収入を作らないと全てを失いかねません。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報