スポンサードリンク

第十四話 ロングステイ先で抗争事件を起こす高齢者達

高齢者の喧嘩

海外生活をしていますと物価、治安、医療、為替など気になる要素は沢山あります。しかし、現実に暮しに直結する点は、現地でうまく人間関係を築けるかどうかという点です。

日本のしがらみから逃れるために海外で生活を始めたのに、いつの間にか新たなしがらみに縛られてしまいます。

そんな不幸な例も決して少なくありません。バンコクではこんな話も聞きます。

日本人の年金生活者を中心に毎週開催されるゴルフコンペのメンバーに、退職者ビザの取得や不動産契約をサポートする日本人業者が参加していました。

  icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>



高齢者になると融通が利かないので、話にならない

業者にとっては、営業活動の一環だったに違いありません。コンペに加われば、顧客の獲得につながるからです。業者はコンペを主催する日本人会幹部とも懇意の間柄なようです。

ただ、この業者の評判は年金生活者の間で宜しくありませんでした。あまりにも金儲けが過ぎるとのことでした。

あるとき、コンペの古参メンバーが、業者と顧客との間で起こしたトラブルを見かねて注意しました。この人は現地滞在も長く、後輩の年金生活者からの信頼が厚く、いわば長老格のような人でした。

注意を受けた業者は、コンペ主催者に助けを求めて駆け込みました。なんと主催者は古参の長老メンバーを除名にしたのです。

この主催者も年金生活者の一人です。部外者にとっては、何の権限があって除名にしたのか首をかしげます。大体、老人の暇つぶしでやっているゴルフの会に除名などあり得ません。

マレーシア・キャメロンハイランド

海外で年金生活と聞けば、悠々自適で、和気藹々といったイメージを想像しがちです。誰しもが持つ印象だと思います。しかし実際には、様々な人間関係のいざこざに付きまとわれます。

のんびりとして海外の年金生活とはいかないのが現状です。

バンコクに限らず、年金生活者が多く暮らす街には、必ずと言っていいほど仕切りたがり屋が存在します。そうした人物がまるで山のボスのごとく振る舞い、他の同胞に対して、訳のわからない秩序を押し付けます。

遊びのコンペに除名処分を下すなど、まさに典型的と言えます。

東南アジアのいろんな地域に日本人が散らばっていますが、マレーシアのキャメロンハイランドと言うリゾート地があります。マレーシアの軽井沢と言われるリゾート地です。

風光明媚で静かな街です。この地に数年前から、とりわけ冬場を中心に長期滞在する日本人が増えています。その結果、出身地別に関東と関西に分かれて二つの日本人グループが誕生しました。

そして幹部同士がいがみ合い、高齢者の構想にまで発展したそうです。還暦を超えた爺さんと婆さんが、いがみ合うだけでも滑稽なのに、抗争まで起こすのですから恥ずかしい限りです。

続く

スポンサードリンク



クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報