スポンサードリンク

第二話 バツイチで子供を持つタイ女性と高齢日本人は相性がいい

タイで高齢日本人が再婚

高齢者の一人暮らしはとても寂しく、不安が常に付きまといます。また、日本では高齢者が増えすぎていて、ある意味、除け者のように扱われることが多々あります。

しかし、タイでは高齢者に対して尊敬の念が強く、高齢者を手助けしようとする気持ちが強くあります。タイで老後の介護も含めてタイで再婚し、人生の最期をタイで終えることを提案しています。

少し古い統計ですが、2005年の統計によりますと、タイでは結婚カップルの4組に一人が離婚しています。しかも、田舎の場合、結納の儀式さえ行えば結婚は認知されますので、結婚当初は役所に届け出を出していないカップルも沢山います。

  icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

高齢日本人に必要なのは会話や対話だ

こうしたカップルも沢山いますので、実際の離婚率はさらに上がります。離婚の場合、女性が子供を引き取るのが一般的です。こうした子供を抱えたバツイチは、女性が再婚するのは厳しいです。

女性の側も結婚に失敗すると、結婚はもうこりごりと考えてしまう人が多くいます。バツイチ女性は子供を養うため、両親に子供を預けて出稼ぎに行かざるを得ません。

日本人のロングステイヤーが20代前半の夜の商売の女性と交際し、いざ結婚となると田舎に子供がいることが判明します。これは上記のような事情があるためです。

日本人村はこういった点に着目しました。一度結婚に失敗している女性は、浮ついた考えを持ち合わせていません。子供がいれば、子供を何としてもしっかり育てようという責任をもっています。

タイで高齢日本人が再婚

子供の教育や生活等の不安を取り除いてくれ、誠実で信頼できる人であれば、年齢はそれほど大きな障害にはなりません。タイのバツイチの女性と、ある程度資産がある日本人高齢者とは、ある意味相性がいいのです。

年齢を重ねた人は子供をとても可愛がりますし、ゆったりとした構えで家族と接します。自分の最期を再婚相手と子供に見て貰うことは、とても幸せなことなのです。

この生活様式を作ったのは、タイ生活歴のベテランで、タイの女性と結婚している高齢の日本人男性です。彼もこのコミュニティの一画で暮らしています。

彼は工学系の学部を卒業し、大手の金属メーカーに勤務していました。当時、創生期に遭った磁気ドラム式のコンピューターの開発に関わっていました。タイに住むようになってから、コンピューターから遠ざかっていました。

日本人村のホームページを作成するにあたって、コンピューターのシステムをもう一度勉強し直しました。その際、インターネットのロボット検索のアルゴリズムを研究し、どういったキーワードなら、沢山の方が見に来てくれるかを見つけ出していました。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報