スポンサードリンク

第三話 タイではお金持ちの日本人だが、日本では貧乏人

満員電車

タイ人妻にとってタイとは異なる環境の日本での生活は、楽ではありませんでした。差別を何度か経験し、心が折れそうになりました。しかし、彼はタイ人妻を必死で支え、彼女を守ることで夫婦の絆はドンドン深まりました。

夫婦には子供が出来、10歳になりました。彼は子供の頃に苛めれらました。自分の子供がタイ人とのハーフなので、子供が中学生や高校生になった時にいじめにあわないかとても心配でした。

そこで彼は定年を向あけると同時に、奥さんの実家がある北タイに移り住んで、新たな生活を始めることにしました。

  icon-arrow1-o-sいつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

タイ人妻を日本の生活に触れさせるのが長続きの秘訣

タイ人妻は彼のことを「こんなに短気で威張り散らす人はいません」と言います。しかし、すぐに「こんなに心が綺麗な人を見たことがありません」と言います。二人から幸せのオーラが伝わってくるほどです。

彼はとても素晴らしい奥さんを見つけました。まず、彼女がタイの田舎で暮らしていたことです。農家の女性の多くは、清く貧しい生活をしています。

バンコクなどの歓楽街で生活している女性たちと比較すると、物欲や生活に対する欲求レベルが低いのです。両親の世話をしていて、婚期を逃してしまったのもとても好感が持てます。

そして、彼女を取り巻く親せきや近所の人達がとてもいい人達だったのは、彼の結婚を素晴らしいものにさせました。あるロングステイヤーはこんなことを言います。

金の亡者・タイ人

「大金を持った日本人は角砂糖だと思ってください。周りにアリがいれば、必ず寄ってくるものなのです」

本人に問題が無くても親や親せきや近所が、金の亡者だったりします。こういった周りが、金を持っている人間にたかるために、妻に入れ知恵をして洗脳するのです。

幸いにも彼女の周りの人は、彼女と愛情で結ばれていて、親せきたちも教養があって、善良な人たちばかりだったのです。また、彼女の年齢は30代半ばだったのが功を奏しました。

女性は30歳を超えると地に足をついた人生を考えるようになります。もちろん生活環境にもよりますが、ある程度年齢が言った女性の方が、結婚の成功率は高くなります。

こういった配偶者選びをしたと同時に、もうひとつ好結果をもたらした要素があります。それは結婚後6年間、奥さんに日本の生活を体験させたことです。

日本人がタイ人の庶民の生活を想像できないように、普通のタイ人女性は日本人の庶民の生活を想像できません。日本人がお金持ちに見えるのは、タイ国内の事であり、日本に帰れば慎ましい生活をしています。

いかに日本人が慎ましく、倹約した生活を居ているかをタイ人は知りません。毎朝満員電車や大渋滞の中で通勤し、タイ人ののほほんとした生活よりも遥かに厳しい生活を強いられています。

この現実をタイ人は知らないのです。

続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報