スポンサードリンク

第一話 タイでの中高年の恋愛は一言でいうとキモイ

お金目的の結婚

日本人の中高年の側に立って、金をタイ人にむしり取られる話は沢山ありますが、これは一方的な考え方だとも思えます。見苦しいほど、小名根の力で気引こうとするのは、実は日本の中高年なのです。

「あなたがモテているのではない、
財布がモテているのだ」

  この言葉は何度となく聞いてきたでしょうし、これからも聞き続ける言葉です。この言葉を身をもって感じているのは、実は日本の高齢者自身なのかもしれません。

タイ語学校は日本の中高年で溢れています。タイでのロングステイヤーやタイで起業したい、ドロップアウトした日本人が沢山います。中にはこんな日本人がいます。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

無防備な日本の老人たちはタイで搾取される

  ある日、タイ語の先生(20代女性)に対して、80代の日本の高齢者の生徒が預金通帳を手渡しました。「タイ語がわからないので、お金のおろし方がわからない。悪いが銀行に行ってもらえないかな」

高齢男性なので仕方がないと先生は思い、銀行へ行ってお金をおろしに行くことになりました。   「その時、銀行の残高をチェックしてきてほしい。しばらく残高をチェックしていないから知りたいんだ」と高齢日本人は言いました。先生は言われるがまま銀行に行って、お金をおろしました。

そして通帳に記入して、念のために記帳を確認しました。すると通帳には5,000万円の大金が入っていました。先生がお金と通帳を老人に渡すと「金額を見たでしょ?」と言います。

残高をチェックして来てほしいと依頼があったので、当然、先生は確認しています。すると老人はニヤッとして、先生に交際を求めてきたのです。先生は大金に目が眩んで80歳の爺さんと交際することはありませんでした。

お金目的の結婚   「二度とこんな事しない方がいいですよ。私が悪い人間だったら全額卸して、逃げることは簡単です」と先生は老人に言います。

この老人の馬鹿さ加減に、同じ日本人として恥かしい限りです。実際にその気になれば、お金など簡単に奪うことが出来ます。先生の友達に連絡して全額をおろさせ、暴漢に通帳を奪われたと嘘をつけば犯人は見つかりません。

タイの警察は金持ちの日本人がタイ人に金を騙し取られたとしても、真剣に捜査する気など毛頭ありません。この現実を中高年の日本人は知りませんので、簡単にやられてしまいます。

このタイ語の先生に、他の日本人中高年の男性から恋愛相談を受けるそうです。どの人もお金に対して無防備すぎて、苦笑いしっぱなしだそうです。3人の夜の商売の女性に嵌められて、一文無しになって帰国した日本人もいるそうです。

先生(20代女性)に、普通のタイ人だったら、何歳ぐらいまでの男性を恋愛対象として見ますかと聞きました。すると、女性が25歳の場合、気が合えば40歳の男性でも恋に落ちるかも知れないそうです。

しかし、50歳を過ぎていたら、金に糸目を付け無いと言わないまでも、恋愛感情以外の何かが確実に混ざっていると言わざるを得ないそうです。

このことからわかりますように、タイ女性の恋愛観は日本人女性と何ら変わりがないのです。東南アジアの女性だからと言って、皆が皆、中高年の古ぼけた日本人でもOKなどと決して思わない方がいいでしょう。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報