スポンサードリンク

第三話 日本に希望を失ったため、全財産を持ってタイに行くことを決意する

北タイ・山岳民族

200万円を要求された彼は「金目当ての結婚だったのか」と落ち込みました。彼は憤慨し結婚の話を白紙に戻そうとしました。しかし、相手の女性からとても家が貧しく、厳しい生活の現状を聞かされました。
 
日本人の生活とはあまりにもかけ離れている生活に、彼の心が動きました。そして女性の実家を訪ねると、今にも簡単に壊れそうな家に家族が所狭しと住んでいました。
 
両親を少しでもマシな家に住まわせたいと言う彼女の気持ちが伝わりました。しかし、200万円は彼にとってもとても大きなお金でした。迷いに迷った挙句、彼は結納金200万円を準備しました。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

日本に居場所が無い日本人がタイに行く

 
彼はついに待ちに待った結婚を行いました。彼は200万円を彼女の両親に手渡し、女性を日本に連れ帰りました。しかし、結婚生活はたった1ヶ月しか続きませんでした。
 
彼の知らない間に奥さんは中国に逃げ帰ってしまいました。その後は全く連絡が取れなくなり、紹介した知人に連絡しても梨の礫でした。
 
彼はそれ以来女性恐怖症になってしまいました。あまりのショックに仕事も手に付かなくなり、会社を首になってしまいました。職を転々とし、何とか食いつないでいましたが、40歳を過ぎると仕事が見つかりません。
 
何度もいろんな会社に面接を受けに行きますが、全く合格しません。彼は自分の人生は終わってしまったと感じていました。彼の手元には300万円の貯金がありました。
 
北タイ・山岳民族
 
日本に居れば1年ちょっとでなくなってしまう金額です。その時に出会ったのが「アジアの女性の写真集」でした。自然と共に生活するタイの山岳民族の写真を見ていると、彼らに会ってみたいと思ったのです。
 
これ以上日本に居ても自分の居場所はなく、未来が全くないし、幸せもめぐってこないと思っていました。
 
山岳民族に会いにタイに行って、300万円の資金を使い果たしたとき、自らの人生を終了しようと心に決めました。彼はそれほど日本での生活に幻滅し、生きていく気力を失いかけていたのです。
 
彼と同じように日本に幻滅している日本人は沢山います。彼と同じような境遇で、数百万円の貯金を持ってタイを訪れる日本人は後を絶ちません。
 
彼はついに北タイの山岳民族が住む村にやってきました
 
続く
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報