スポンサードリンク

第二話 年齢差36歳のカップルがタイでは当たり前の風景

タイで日本人とタイ人の年の差婚

タイのチェンライにベースが出来た彼は、定期的にチェンライを訪れました。資金援助をしている女学生の成長を見るのが、とてもの楽しみでした。女学生の成長はとても早く、数年ですぐに女性の匂いを漂わせるようになりました。
 
それと同時に、彼女は彼をいろんな場所に案内してくれるようになりました。レストラン、ピクニック、ショッピングなどに一緒に行きました。彼は彼女の誘いに、最初はとても戸惑いました。
 
はた目からはどう見ても父と娘でしたが、周りは何も言いません。それどころか、意図的に女学生と彼は二人きりになるように、仕向けられているように感じました。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

田舎のタイ人の結婚は親の影響が大きい

 
10代の可愛らしい女学生に誘われて、いろんな所に行くのは悪い気がしません。むしろ、嬉しくて仕方がないぐらいです。彼が何年かチェンライに通い、彼女とデートを重ねるうちに、自然に男女の関係になりました。
 
もちろん彼女が少女ではなく、女性として認められる年齢になってから、新しい関係が始まりました。当時50代だった彼と10代の女性いカップルです。日本では間違いなく、陰口をたたかれるカップルです。
 
しかし、彼に躊躇する気持ちは全くなかったそうです。事実上の結婚生活が続き、ある時彼女の妊娠がわかりました。すでに18歳になっていましたので入籍をしました。年齢差は36歳です。
 
タイで日本人とタイ人の年の差婚
 
日本ではあり得ない作り話のような話が、ここタイでは日常的です。年の差カップルがとても多いので、タイ人自身もそれが当たり前だと思っています。この器の大きさは日本ではなかなか見ることが出来ません。
 
タイの田舎では結婚相手を親が決める場合が多々あります。日本も昔はそういった風潮がありましたが、今では全く無くなりました。親が結婚相手を決めると言っても、決して強引ではありません。
 
娘の意見もある程度聞きながらです。同時に、親が勧める結婚相手を無碍に断る娘も、それほど多くありません。特に貧しさから、外の世界と殆ど知らずに育った少女にとって、親の影響力と意見は絶大です。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報