スポンサードリンク

第三話 タイの結婚相談所でも、タイ女性からお金ばかり要求される

生涯未婚率

最近は女性の自立、女性の社会進出が少しできるようになりました。しかし、以前は女性が自立して生きていくだけの経済力を持つのが難しい時代でした。
 
そこで、女性たちは相手のことが好きかどうかよりも、ある年齢になれば結婚をするものだと思い込んでいました。また社会にもそういった風潮があり、知り合える範囲で結婚相手を探し、妥協も含めて結婚しました。
 
もちろん適齢期は女性だけのモノではありません。男性の場合も30歳過ぎて結婚していないと、何か欠陥があるんじゃないか、特別な理由があるんじゃないかと疑われたものです。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

結婚できない男が増え続ける日本

 
仕事をする上でも、家庭を持たない男性は責任感が薄く、出生コースから外れたり、重要な仕事を任せて貰えなかったりしました。
 
その反面、仕事熱心で会社にとって魅力のある人であれば、男性としての魅力はいまいちでも、女性を口説ける力が無かったとしても、上司や周りの人間がお膳立てして、公債から結婚までの橋渡しをしてくれました。
 
しかし、欧米かぶれの個人主義が日本に入ってきた1980年代ごろから、結婚は個人問題であり、他人がとやかく言うものではない空気が浸透し始めます。ましてや上司や近所の人が縁談を持ち込むなど、今ではご法度です。
 
結婚をめぐる共同体が崩壊していったのです。運よく、将来の伴侶と知り合えた人はいいのですが、仕事が忙しかったり、女性に対してアプローチ出来ない人は結婚のチャンスが大幅に減りました。
 
独身男性が独身女性より多い
 
さらに、より女性の自立心が高まり、結婚したくない女性が増えたことで、男性の生涯未婚率はみるみる上がってしまいました。結婚したくでも出来ない男性が増え続け、生姜独身と言う人が3人に一人という試算もあります。
 
決して彼らは独身主義者ではありません。しかし、結婚する機会を逃してしまい、年を重ね続けますので、ますます結婚や彼女を作ることからも遠のいてしまうのです。彼もまさにそんな男性の一人でした。
 
彼は同じ独身仲間から海外旅行に誘われ、旅先で女性と知り合う術を知りました。タイ旅行をした際に、タイ女性と触れ合った感覚が彼にとって一番幸せを感じたそうです。
 
彼はタイ人女性との結婚をあっせんしてくれる業者の存在を知りました。業者を通じで何度かお見合いをしました。しかし、殆どのタイ女性は、彼と会ったその日からプレゼントを要求しました。
 
彼は残念ながら自身に満ち溢れた態度をする男性ではありません。うつむき加減で目を見て話すのもオドオドしてしまう感じです。そんな彼の態度をタイ女性が見逃すはずがありません。
 
続く
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報