スポンサードリンク

第二話 50歳以降で結婚できる確率は宝くじに匹敵する

高齢結婚

60歳を超える彼は、時々商売の女性に世話になる以外、日本ではこれまで恋人と言える女性がいたことはありませんでした。恋人いない歴が60年です。こういった方は、今後はさらに増えます。
 
もちろん女性に興味が無かったわけではありません。逆に人一倍強いのかも知れません。彼は50歳を過ぎたとき、一念発起して結婚相談所に登録しました。
 
結婚相談所には100万円を超える登録料を支払い、写真で気に入った女性を探して、気に入れば交際を申し込みます。しかし、彼が希望する女性たちは、彼とは会ってさえもくれませんでした。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

高齢の婚活は夢と希望を打ち砕く

 
ここで未婚率のデータを紹介しましょう。35歳の人が40歳になるまでに結婚できる確率は1%です。さらに年齢がますにつれて、結婚できる確率は下がります。
 
50歳の恋愛経験のない男が、結婚できる確率がどれほど低くなるかは想像できるでしょう。日本では男女とも35歳を超えてから結婚できる確率は、本当に低いのです。
 
彼が気に入った女性に交際を申し込んでも、会ってさえもくれない理由がわかると思います。彼は結婚相談所から勧められて、高齢者向きの結婚パーティーに出席しました。
 
しかし、そのパーティーに出席する女性はバツイチ、バツニが当たり前で、しかも経済的に寄りかかろうとする女性ばかりでした。
 
高齢結婚
 
50歳を超えて結婚に興味がある女性は、必死すぎて恐ろしいと言います。経済的なことだけを目的に来ている女性が多くを占めますので、彼はがっかりしていたようです。
 
一昔前までは、日本には結婚適齢期と呼ばれるものがありました。今では考えられませんが、25歳を過ぎるとオールドミスと呼ばれ、女性は25歳までに嫁に行かなければ、社会から取り残されるような風潮でした。
 
また、妹がいる場合など、姉が結婚しない内は妹の結婚をためらう親も多く、そういう形での無言のプレッシャーがありました。
 
こういった事情から、本人に問題が無ければ、22歳を過ぎればお見合いや紹介が連発します。大事な人からの紹介だったりすると、むげに断れずにそのまま結婚することさえ珍しくなかったのです。
 
続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報